5月26日 (種まきから25日目)水の機のう

  • 稲 実寸大稲 拡大
  • 田んぼの写真田んぼの写真
  • 苗の写真苗 (なえ) の写真

日本はもともと、お米を育てるのにてきしていたわけではありません。稲 (いね) は本来、熱帯で育つ作物です。それが日本列島のような温帯で安定的にさいばいできるようになったのは、田んぼに水をためるという人々の工夫があったからです。稲は「通気系」という仕組みになっており、陸上から水中の根にさんそを送るので、水がたまっていても生育します。

稲の茎の断面

稲のくきを切った写真です。真ん中には、大きなあなが開いています。これが空気を送るパイプになっています。周囲には、水や養分を送る小さなあながたくさんあります。

水をためる目的は、次のようなことです。

稲の保温
  1. 水は「熱しにくく、冷めにくい」というせいしつがあります。田植えをしたすぐの低温や、冷害などから稲を守るため、水を深く入れ、稲をほ温しています。
  2. 稲の成長に必要なよう分を多くふくんでいる川の水を取り入れることにより、稲が良く成長します。
  3. 水をためることによって、連作しょう害 (れんさくしょう害=毎年同じ場所に同じ植物を植えると育ちにくくなること) を無くし、同じ作物を毎年植えることができます。
    ・川の水には、不足しがちなさまざまなえい養がふくまれている。
    ・多すぎたえい養は水が流し出してくれる。
    ・田んぼに水をためると、土の中は空気が少なくなり、土の中にいる害虫などが死ぬ。
  4. ざっ草が生えるのをふせぐことができる。
  5. 土の中の水分を調節しなくてもよくなり、安定したさいばいができる。

20日目・水のかくほ

30日目・代かき