5月31日 (種まきから30日目)代かき

  • 稲 実寸大稲 拡大
  • 田んぼの写真田んぼの写真
  • 苗の写真苗 (なえ) の写真

代かきとは、田植えをしやすい田にするために、田起こしが終わった田に水を入れて、土をさらに細かくし、ていねいにかきまぜて、土の表面を平らにする作業です。代かきをする目的は次のようなことです。

  1. 田から水がもれ出すのをふせぐためです。
  2. 土の表面を平らにし、苗がむらなく生育するためです。
  3. 田植えの時に苗を植えやすくするためです。
  4. 田起こしの時にまいたひ料をしっかりまぜるためです。
  5. 田の中にあったワラやざっ草を土の中にしっかりうめこむためです。
  6. ざっ草の種があれば土の中に深くうめこんで、発芽しないようにするためです。
  7. 土の中にある稲の成長にとってさまたげとなるガスをぬいて、土の中にあるものを早くくさらせます。
馬鍬を引く牛と馬

むかしは、牛や馬に馬鍬 (マンガ、マグワ) という道具を引かせて行っていましたが、今は機械を使っています。

柄振
代掻き

代かきは、柄振 (えぶり) という道具を人の手で押して行う場合もありますが、多くは田起こしと同じく、トラクタにロータリを付けて行っています。ここでは、トラクタに代かきハローという機具を付けた代かきについてしょうかいします。

代掻き爪1

ハローは英語で、馬鍬のことを意味します。

代掻き爪2

むかしの馬鍬と同じく、つめが並んでいます。

代掻き爪3

このつめは、代かき用のつめで「代かきつめ」と呼ばれています。ロータリのこううんつめより、やや短いつめです。

レベラー

このつめは、ロータリのつめと同じように回転しながら土を細かくし、ワラやざっ草をうめこみます。
代かきつめが取り残したワラやざっ草も、レーキ (黄色のもの) が土の中に入れこみます。レーキとは、くま手型の道具のことです。
最後にレベラーという機具が、土を平らに仕上げます。

25日目・水の機のう

35日目・田植え