6月5日 (種まきから35日目)田植え

  • 稲 実寸大稲 拡大
  • 田んぼの写真田んぼの写真
  • 苗の写真苗 (なえ) の写真

 

お引っこしのお祝いです。

田植えは、なわ代田で育てた稲 (いね) の苗 (なえ) を、田んぼに植えることです。稲を育てるには、田んぼに種もみをまいてそのまま育てる直播栽培 (ちょくはんさいばい) という方法と、なわ代田や育苗ハウスで育てた苗を田に植えかえる移植栽培 (いしょくさいばい) の2つがあります。今は、移植栽培で行われています。移植栽培の目的は、次のようなことです。

  1. なわ代田で苗を育てると、集中して温度や水、ひ料などをかん理でき、そろった良い苗を作ることができます。
  2. 苗を植えるまで田に水をためておくので、多くのざっ草が生えません。
  3. なわ代田では、しっかり温度のかん理ができるので、早く苗を育てることができます。
  4. 種もみではなく苗を植えるので、種もみを鳥に食べられる心配がありません。
均平作業4

むかしは、ばらばらに植えていましたが、明治30年代に、苗と苗の間をそろえて植える正条植えが取り入れられました。そのため、代かきをして平らになった田の土になわをはったり、写真のような田植わくを転がして目印を付けます。

均平作業5

目印にそって、きっちりと植えます。かぶの間がそろい、稲にむらなく日があたり、風通しもよくなり、じょ草作業もやりやすくなり、米のとれる量がふえました。

むかしは、稲がそろって育つようにするため、一つの田に近所の人などがあつまって助け合って田植えを行っていました。田植えをアルバイトとしている人もいましたよ。しかし今では、田植機が人の何倍もの速度で苗を植えるので、助け合うことも少なくなりました。

田んぼのじゅんびが終わり、苗の長さが12〜15cm、葉が3.5〜5枚ぐらいになったら、いよいよ田植えをします。水温や気温などが整う必要もあります。春先は天こうが変わりやすいので、毎年、天こうなどを考えて田植えの日を決めます。
田植機には、歩行式 (ほこうしき=田植機をおしながら苗を植える) と乗用式 (じょうようしき=田植機に乗って苗を植える) があります。ここでは乗用式田植機による田植えと、ひ料おきについてしょうかいします。

塩水選で取り除かれた軽い籾
塩水選で取り除かれた軽い籾

田植機を田んぼまで運びます。田植機のレバーを調整し、田に合った植え付ける深さ、植え付けの間かく、田植機の速度などを決めます。

  • 均平作業5
    なわ代田から育苗箱ごと取り、苗を田まで運びます。
  • 均平作業5
    手ぶくろをおいてもおれないほど、苗は強く育っています。
  • 均平作業5
    育苗箱ごと、あぜに並べます。
種籾1
種籾2
種籾3
種籾4

苗を育苗箱から取り出します。苗のはしをつかんで、苗を少し持ち上げます。すぐに、苗と育苗箱の間に「苗取りボード」と呼ばれている板を差しこみます。根が強くはり、育苗箱の底の小さなあなから出しているので、手で取るにはかなりの力が必要ですが、この苗取りボードを使えば、わずかな力で取ることができます。
このとき、苗の根は少し切れますが、田植えの後には新しい根が出てきます。これを活着 (かっちゃく) と言います。

 

活着は田植えの後、新しい根が出て田んぼに根付くことです。

30日目・代かき

40日目・深水かん理