6月10日 (種まきから40日目)深水かん理 (しんすいかんり)

  • 稲 実寸大稲 拡大
  • 田んぼの写真田んぼの写真
  • 苗の写真苗 (なえ) の写真

深水かん理とは、苗を植えた田んぼに入っている水を調整することです。田植えの後は、寒さから苗を守るために田んぼに約7〜8cm、苗の長さの4分の3を目安として水を入れます。水が入ると、寒さで苗がちぢんだり、根の発育が悪くなったり、ひ料分のはたらきが悪くなることをふせぐことができます。ざっ草の発生もおさえることができます。

田んぼに水を入れる3

水は比熱 (ひねつ) が高く「熱しにくく、冷めにくい」と言われており、苗を寒さから守っています。約1週間で苗は根をはります。活着してからは、水を3cmぐらいの深さにしても大じょうぶです。
気温が約20度ぐらいになると、ほ温の必要はなくなります。飽水状態 (ほうすいじょうたい) にします。飽水状態は、田んぼに水はたまっていませんが、土は水をふくんでおり、足あとに水がたまるてい度の状態です。
ただ、低温にもどった時や、強風の時などには、一時的に水を入れて苗を守ります。

 

比熱とは、物質 (ぶっしつ) 1グラムの温度を1度上げるのに必要な熱量 (ねつりょう) です。

 

このころは、気温より水の方があたたかいんですね。

鴨

鴨 (かも) がていさつに来ていました。鴨はウンカやイナゴなどの害虫を食べてくれますが、お米も好物で食べてしまいます。鴨にとって田んぼは、ごちそうがたくさんあるレストランです。

飛び去る鴨1
飛び去る鴨2

あぜ道でしばらく田んぼをながめたあと、空中からのていさつに切りかえたようですね。

35日目・田植え

45日目・じょ草ざいの散ぷ