7月5日 (種まきから65日目)中耕除草 (ちゅうこうじょそう)

  • 稲 実寸大稲 拡大
  • 田んぼの写真田んぼの写真
  • 稲の写真稲 (いね) の写真

田んぼに生えてくるざっ草を取りのぞくには、除草ざいという薬を使うことが多いですが、薬を使わずに土をたがやして草を取る方法もあります。それが「中耕除草」という方法です。中耕とは、苗が大きく育つ中で、根ぎわの土を浅くたがやすことです。草とりをかねるので「中耕除草」と言います。この目的は、次のようなことです。

  1. 土をまぜて、ほぐしますので、根にさんそが送られ根がのびやすくなります。また、ひ料も取り入れられやすくなります。
  2. 土の中のゆう害ガス (りゅう化水そ、メタンガスなど) を取りのぞくことができます。
  3. ざっ草をふせぐことができます。
  4. 薬を使わないので無農薬栽培 (むのうやくさいばい) ができます。
  • 田植え
  • 爪
  • 爪2

これは、雁爪 (がんづめ) とよばれる道具を使っているところです。一番草とよばれる最初のざっ草は、ぬいたりかったりせずに、かき取ってそのまま土の中へうめこみます。ざっ草はかれて、土の中のび生物によって分かいされ、ひ料となります。田植えの1週間から10日後、苗が根づいたら第1回目のじょ草を行います。その後、10日ごとに2回行います。太陽がさんさんと照りつける夏の暑い中で、あせを流しながらの重労働でした。しかも成長した稲の葉がちくちくと目やはだをさします。素手でのじょ草は指先をいためますから、この雁爪などが考案されました。

田植機

今では、多目的田植機でじょ草ができます。
後ろにじょ草機を装着します。

  • 田植機2
  • 稲

条間とかぶ間を同時にじょ草できます。条間のじょ草は回転ロータで行います。かぶ間のじょ草は左右に動くツースで行います。

  • 田植機3
  • 田植機4

土をまぜることで、土の中のガスをぬくこともできます。

田植機5

多目的田植機を使うことにより、少ない労力での中耕除草・無農薬栽培ができるようになりました。

 

土の中のワラなどが発こうして、メタンガスやりゅう化水そなどのゆう害ガスを発生する場合があります。

60日目・分けつ

70日目・みぞ切り