7月15日 (種まきから75日目)飽水状態 (ほうすいじょうたい) へ

  • 稲 実寸大稲 拡大
  • 田んぼの写真田んぼの写真
  • 稲の写真稲 (いね) の写真

稲の穂 (ほ) が出る40日前ごろになると、田んぼの水を出して飽水状態にします。飽水状態とは、水は地表にはなく、土にはじゅう分に水がふくまれていて、ちょうど食べ物のヨウカンのようになっているようすのことです。このようにする目的は、次のようなことです。

  1. 根にさんそを送り、根ぐされをふせぎ、根をのばします。
  2. 土の中のゆう害ガス (りゅう化水そ、メタンガスなど) を取りのぞくことができます。
飽水状態

田んぼから水が無くなるとゆう害ガスがぬけ、また根にはさんそが送られて、根は地中深くのびます。ゆう害ガスがあると、根が横にのび、かぶとかぶの間でひ料のうばい合いが始まります。するとひ料が無くなり、ひ料切れを起こす原いんとなります。

飽水状態2

かえる

飽水状態は稲かりの前まで続けます。
水のかん理は、稲作の半分をしめるほど大切な作業であるという意味で、むかしから「水見半作(みずみはんさく)」と言われています。

70日目・みぞ切り

80日目・害虫