7月20日 (種まきから80日目)害虫

  • 稲 実寸大稲 拡大
  • 田んぼの写真田んぼの写真
  • 稲の写真稲 (いね) の写真

 

大きくなったなあ。

ウンカ

ウンカという虫は、稲の葉やくきから栄養をすってからしてしまう、田んぼの害虫のナンバーワンです。ふえる力がとても強く、田んぼの一部にあなをがあいたようになり、ひどいときには田んぼの稲を全めつさせてしまうおそろしい害虫です。
ウンカは寒い日本では冬をこすことができず、いなくなります。ところがアジア大陸で冬をこしたウンカが、毎年6月から7月に、梅雨前線の気流に乗ってわざわざ飛んできます。雨上がりに田んぼに行くと見られるかもしれません。この写真のようにセミを小さくしたような形で、体長は約4〜6mmぐらいです。

ウンカにはセジロウンカ、ヒメトビウンカ、トビイロウンカの3種類がいます。セジロウンカは「夏ウンカはこやしになる」ということわざがあるくらいで、そんなに害はありません。やっかいなのが、この写真のトビイロウンカです。鳥の鳶 (とび) によく似た茶色なのでつけられた名前です。秋にふえて、ひ害をもたらすことから秋ウンカともよばれています。

ウンカは江戸時代に大飢饉 (だいききん=食べ物ができず、人々がうえ苦しむ) を起こした原いんの一つだと言われています。今では、さまざまなウンカをふせぐ薬が開発されています。今のような薬が開発されるまでは、鯨油 (くじらゆ) や菜種油 (なたねあぶら) などをまいて、そこにウンカをたたき落として、動きやこきゅうをとめる方法がとられていたそうです。

  • カメムシ
  • カメムシ2

カメムシもウンカと同じく、稲の葉やくきから栄養をすい取ります。
茶色に変色している部分がカメムシのひ害のあとです。穂 (ほ) になるところがかれているので、もう穂は出ることがありません。
あぜ道にハーブを植えてカメムシが好むイネ科ざっ草をへらしたり、イネに木酢 (もくす=木からとったえき体のもの) をまくなどして、ふせいでいます。

  • イナゴ
  • イナゴ2

イナゴも稲の葉やくきをかじります。他にもメイチュウ、ニカメイチュウ、ツマグロヨコバイなどの害虫がいます。

  • クモ
  • トンボ

クモやトンボは害虫を食べてくれるので、米作りのみ方です。

  • アメンボ
  • ゲンゴロウ

水上や水中は、アメンボやゲンゴロウがパトロールをしてくれています。同じように、害虫をたい治してくれます。

もみきち

75日目・ほう水じょうたいへ

85日目・中干し (なかぼし)