7月25日 (種まきから85日目)中干し (なかぼし)

  • 稲 実寸大稲 拡大
  • 田んぼの写真田んぼの写真
  • 稲の写真稲 (いね) の写真

夏の暑い時に田んぼの水をすべて出し、土にヒビが入るまでかわかすのが中干しです。中干しの目的は、次のようなことです。

  1. 土の中にさんそを入れて、根がくさるのをふせぎます。これによって、根が強くはります。
  2. 土の中のゆう害ガス (りゅう化水そ、メタンガスなど) を取りのぞくことができます。
  3. 水が無くなってしまうと、ひ料分であるチッソが取りいれられなくなり、分けつを止めることができます。
  4. 土をほして固くし、かり取りなどの作業がしやすくなります。
  • 中干し
    1かぶが20本ほどのくきになったら、中干しをします。これによって、分けつを止めます。夏の土用の時にほす場合が多いので、土用干しと言うこともあります。
  • 中干し2
    中干しも、やりすぎは良くありません。土に大きなヒビが入ると根が切れたり、今後水をためておくことができなくなり、この後の水不足の原いんとなります。また、ひどい場合は根の命がつきて、収かく量がへります。これを「秋落ち」と言います。
  • 中干し3
    中干しを終えて、田んぼに再び水が入れられました。ちょっと、ホッとします。
もみきち2

暑いさかりです。思わぬ失敗をしないように、昼ねもまた、大切なひとときです。

80日目・害虫

90日目・いもち病