8月4日 (種まきから95日目)穂肥散布 (ほごえさんぷ)

  • 稲 実寸大稲 拡大
  • 田んぼの写真田んぼの写真
  • 稲の写真稲 (いね) の写真

穂肥 (ほごえ) とは、じょうぶな穂を作るためにまくひ料でのことです。穂が出てくる直前にまきます。早くまきすぎると、ひ料が稲のくきや葉に回って、稲がのびすぎることになってしまい、もみの中に実 (=お米) ができにくくなります。穂肥は、タイミングが大切なんですね。

  • 稲2
  • 稲3
  • 稲4
  • 稲5

穂が出てくる25日前ごろになると、稲は葉をふやすのをやめて、くきの中で、穂を作り始めます。稲をわってみると、できかけの穂が見つかります。穂肥はこの時にまきます。
穂肥はチッソを中心に、リンサン、カリなどをバランス良くまきます。

穂肥

この時期、田んぼに入ると稲をいためますので、穂肥はあぜからまきます。
穂肥は、まきすぎてしまうと、くきや葉に回って、稲が大きくなってたおれてしまいます。稲がたおれると、米のとれる量も、品しつも悪くなってしまいます。

 

穂が出てからまくひ料を実肥 (みごえ) と言います。

90日目・いもち病

100日目・日照り