8月9日 (種まきから100日目)日照り・高温しょう害

  • 稲 実寸大稲 拡大
  • 田んぼの写真田んぼの写真
  • 稲の写真稲 (いね) の写真

長いあいだ雨がふらないため、水が無くなってしまうことを「日照り」と言います。なかでも、特に農業に水が必要となる夏の日照りは「旱魃 (かんばつ) 」と言います。
水不足は米作りに大きなそん害となります。稲はもちろん、植物は水が無ければ、かれてしまいます。日照りから稲を守るため、灌漑 (かんがい=田畑に水を引くこと) によって川の流れを変えたり、ため池に水をためたりと、さまざまな対さくを行ってきました。それでも水が不足する場合は、雨乞い (あまごい=雨をふらすようにいのること) をするしかなかったようです。むかしから、さまざまな雨乞いの伝説が残されています。
(空海・安倍晴明・小野小町による雨乞い伝説については「くぼたのたんぼ・たんぼのヒーロー物語・瑞穂国の伝説」でもしょうかいしています。)

もみきち2

また、温度が昼間約35度、夜間約30度ほどをこえると、稲に高温しょう害が発生することがあります。高温になると、十分に水を取り入れられず、しおれてかれる場合があります。また、かれるのをふせぐために、稲は葉の気こうをとじ、水がじょう発するのをふせぎます。すると、光合成も止まってしまい、生育も止まって、やがてかれてしまうことになります。
夜間の高温は、良くありません。日中に生産した養分が使われてしまい、お米が作りにくくなり、乳白米 (にゅうはくまい) などの原いんとなります。
高温しょう害をふせぐには、水をかけ流しにして温度を下げるのが良いとされています。また、高温年では稲の生育が早く進むため、水とひ料でコントロールします。

95日目・ほごえさんぷ

105日目・冷害