8月29日 (種まきから120日目)開花

  • 稲 実寸大稲 拡大
  • 田んぼの写真田んぼの写真
  • 稲の写真稲 (いね) の写真

みなさんは、稲の花を見たことはありますか? 稲も実をつけるので、花がさきます。稲は穂を出すとすぐに花がさいて、受粉します。受粉後7〜10日間で、もみの中では胚 (はい) が完成します。胚が完成すると、よう分をデンプンにし、はいにゅうとしてたくわえます。いよいよ、もみにお米をたくわえることになります。

開花

稲は晴れた日の午前中に白い花をさかせます。ただし、花びらはありません。
まず緑色のもみのカバーが開き、おしべがのび出て来ます。おしべの花粉が風に運ばれて、めしべに受粉します。その後、緑色のもみのカバーがとじます。

  • 花
  • 花2

1本の穂には、約100個ぐらいの花が付いていて、穂先から順番にさきます。1つの稲の花がさいているのは約2時間です。全部がさき終わるまでに、1週間ぐらいかかります。少しずつずれて花をさかせるのは、いずれかが必ず受粉できるようにするためです。

花のさくのに良い温度は約30度です。開花期に低温にあうと花粉の力が弱くなり、実りが少なくなります。

  • 花3
  • 花4

この時は、もみの中はまだ空っぽに近いです。

 

花をきずつけるといけないので、このころは田んぼには入れません。

115日目・出すい

125日目・とうじゅく