9月3日 (種まきから125日目)登熟 (とうじゅく)

  • 稲 実寸大稲 拡大
  • 田んぼの写真田んぼの写真
  • 稲の写真稲 (いね) の写真

植物の種が発育し、大きくなることを登熟と言います。稲穂 (いなほ) が出て、開花・受粉すると登熟が始まります。稲の場合は、開花から約40〜50日間が登熟期となります。稲は光合成によりデンプンを生産し、はいにゅうにたくわえて、稲の種子であるお米となります。

稲の一生は大きく二つに分けることができます。前半は、苗が成長して稲になり、穂を出すまでの成長期です。後半は、その穂に炭水化物 (=デンプン) をためこむ登熟期です。

  • 登熟
  • 登熟2

登熟の初期は、もみの中のお米はまだ固くなっていないミルクのようで、あまいあじがします。スズメはそれを知っているので、この時にやって来て、それを食べます。私たちが食べるお米は、このミルクが固まったものです。

稲は昼間、太陽の光で光合成を行います。登熟期に晴れる日が多いと、光合成がさかんに行われて、お米はたくさんとれます。そのため、晴れの日が続く時に登熟期になるように稲を育てることが大切です。

日がしずんで光合成ができなくなると、昼間に作ったブドウとうを使います。これを「転流 (てんりゅう) 」と言います。夜間の気温が高いと、稲のこきゅうがさかんとなり、光合成で作ったブドウとうをたくさん使ってしまいます。だから夜は気温が低い方が良いわけです。昼間は暑く、夜間はすずしいという天こうが良いとされています。また、米の品しつも良くなるそうです。「寒暖差 (かんだんさ) がある方が良いお米ができる」と言われているのは、このためです。

登熟期には、光合成を活発にするために、チッソを中心にひ料をまきます。お米のできぐ合や葉の色を見て、数回行います。登熟期にまくこの追ひは、実肥 (みごえ) と言います。

  • カマキリ
  • トンボ

120日目・開花

130日目・台風