9月18日 (種まきから140日目)スズメ

  • 稲 実寸大稲 拡大
  • 田んぼの写真田んぼの写真
  • 稲の写真稲 (いね) の写真

 

実るほど頭 (こうべ) をた (た) れる稲穂 (いなほ) かな

スズメ

スズメは、米を食べる害鳥と言われています。穀物 (こくもつ=米や麦など) の好きなスズメが、人間の米作りを見のがすはずがありません。人間はスズメを追いはらうために案山子 (かかし) 、鳴子 (なるこ) 、反しゃテープ、鳥追いの儀式 (ぎしき) などを使って、努力してきました。

稲アップ

スズメはお米を食べるだけではなく、もみの中でお米がまだ固くなる前のミルクのときにすいます。お米のあじわい方が良く分かっているんですね。
一方、スズメは田んぼのざっ草の種も食べるし、春から夏のはんしょく期には害虫をたくさん食べます。だから、害虫をへらしてくれることにもつながります。

  • 足跡
  • 足跡2

また、シカやイノシシがやって来てお米を食べることもあります。これは田んぼにやって来たイノシシの足あとです。この田んぼではイノシシは、ね転がるようにして稲をたおし、お米を食べたそうです。対さくとして、田んぼをあみやトタン板などでかこいます。また、わなを仕かけてとらえる場合もあります。

  • もみきち
  • もみきち2

135日目・倒伏 (とうふく)

145日目・落水