9月23日 (種まきから145日目)落水 (おとしみず)

  • 稲 実寸大稲 拡大
  • 田んぼの写真田んぼの写真
  • 稲の写真稲 (いね) の写真

落水とは、田んぼから水をすべてぬくことです。穂 (ほ) が出てから約30日後、稲かりの約10日前を目安として行います。水をぬいて、稲をかわかすことにより登熟を終わらせます。また、土をかわかすことによって、コンバインなどの機械を使った稲かりがスムーズに行えます。

乾かした稲土

お米は開花してから約20日間で大きくなり、約35日ごろに完熟 (かんじゅく=十分大きく育つこと) します。これでお米のできあがりです。お米ができたら、水をぬいて稲や土をかわかし、稲かりのじゅんびをします。

稲アップ

落水時期は、その年の天こうや田んぼのようすによって選びます。早く落水しすぎると、米の実りぐ合が悪くなり、未じゅく米・くず米・胴割米などがふえます。また、水分不足により、病害虫 (ウンカや穂いもちなど) のひ害も受けやすくなります。

反対に落水がおくれると、もみがうれすぎて、お米の品しつが悪くなります。また、たおれる原いんともなります。田んぼごとに、年ごとにもっとも良い稲かりの日を見きわめ、そこから計算して落水を行います。

140日目・スズメ

150日目・おう金色のかがやき