10月8日 (種まきから160日目)はさかけ

  • 稲 実寸大稲 拡大
  • 田んぼの写真田んぼの写真
  • 稲の写真稲 (いね) の写真

 

秋のひなたぼっこです。

ディスクカッタ1

みなさんといっしょに5日おきに観察していた田んぼでも、無事に稲かりが終わりました。

ディスクカッタ2

稲かりは一昨日で、種まきから158日目でした。

  • 落ち穂1
  • 落ち穂2

田んぼにワラがならべられると、カラスが早速、落ち穂 (おちぼ=落ちている穂) ひろいに来ていました。

「米作り5日おきウォッチング」では前回の「種まきから155日目」で、稲かり・脱穀 (だっこく)・選別をコンバインで行う方法をしょうかいしました。ここでは、コンバインが登場する前の米作りであり、いまでもよく見かける手がり・はさかけによる稲かり・脱穀・選別のようすをしょうかいします。

稲刈り

米作りでは、一つの田んぼの稲が一せいに育つようにしています。そのため、稲かりもまた一せいに行う作業となります。親せきや近所の人などが集まって、協力し合って稲かりを行いました。むかしは、稲かりの時期になると「農休み」と言って学校も休みとなり、子どももお手伝いをしました。

はさ架け

たばねた稲をぼうなどにかけて約2週間ぐらい、天日 (太陽光線) と風によってかんそうします。この自然かんそうを「はさかけ」と言います。稲掛 (いねかけ) 、稲架 (とうか) など、地方によってさまざまなよび方があります。まず、「くい」という木のぼうを交差させて、田んぼに差しこみます。

  • 杭1
  • 杭2

体重をかけて、しっかりと差しこみます。20cmぐらい埋めこみます。

はさ架け工程

はしに稲のたばをかけます。次に、反対がわのはしに稲のたばをかけます。真ん中を最後にします。バランスよくかけていきます。

  • 工程2
  • 工程3

最後にスズメよけのバルーンを置いて、できあがりです。

155日目・かり取り・だっこく

165日目・もみすり