10月13日 (種まきから165日目)もみすり・選別・袋詰め

  • 稲 実寸大稲 拡大
  • 田んぼの写真田んぼの写真
  • 稲の写真稲 (いね) の写真

脱穀 (だっこく) ・かんそうが終わるともみすりです。もみすりは、もみからもみ殻 (がら) を取りのぞいて玄米にする作業です。「脱ぷ (だっぷ) 」とも言います。かんそう機でかんそうさせたもみは熱くなっているため、かんそうから1週間ほどおいて、さましてからもみすりを行います。もみすりの時にくだけたり割れたりしたくず米を選別して取りのぞき、品しつの良い玄米をふくろにつめます。

臼ひき

むかしはこの写真のように臼 (うす) で行いましたので、この作業は「臼ひき」とも言いました。

籾すり機

ここでは、もみすり機によるもみすりの作業をしょうかいします。

  • ロール式
  • ロール式2

これはロール式のもみすり機です。もみが2つのゴムロールの間を通るときに、2つのロールの回転速度のちがいによって、もみを玄米ともみ殻に分けます。
他には、もみを高速でかべにぶつけて脱ぷする機械もあります。

籾
籾2

倉庫に、かんそうさせたもみを保存しています。

  • 倉庫1
  • 倉庫2
  • 倉庫3

この倉庫の下にホースがつながれており、もみすり機にもみが送られていきます。

  • 袋
    割れた玄米などのくず米が集められて、くず米用のふくろに出されます。くず米も、お菓子の原料やし料として利用されます。
  • 袋2
    これは、米ぶくろの形をたもつための金具です。
  • 袋3
    米ぶくろにこのように入れて、形をたもつと、玄米がスムーズに入るようになります。
袋4
袋5

玄米が出てきました。30kgの玄米が入ると自動的にストップするようにセットしています。

  • 袋6
  • 袋7
  • 袋8

米ぶくろの口をおりたたみ、左右のヒモをしっかりと結びます。

160日目・はさかけ

170日目・せい米