10月18日 (種まきから170日目)精米 (せいまい)

  • 稲 実寸大稲 拡大
  • 田んぼの写真田んぼの写真
  • 稲の写真稲 (いね) の写真

玄米は、糠 (ぬか) でおおわれています。この玄米から糠と胚芽 (はいが) を取りのぞく作業が精米です。米を搗 (つ) くとも言います。精米は消化きゅうしゅう、あじを良くするために行います。よく私たちが食べているお米は、精米されたものです。

むかしは、米搗臼 (こめつきうす) などに玄米を入れて杵 (きね) でつきました。この写真はうめ臼 (うめうす) 、踏み臼 (ふみうす) と呼ばれるもので、土にうめた臼の中に玄米を入れて、足ぶみで上下させる杵でつきます。足でふんで、体重をかけて杵を上げ、力をぬいて落とします。

お米は精米直後のものが一番おいしいので、最近はお米屋さんから玄米を買って、自分で精米する人もふえてきました。ここでは、コイン精米機の仕組みをしょうかいします。つき加げんを調整することもできます。糠を50%取りのぞくと五分づき米、70%取りのぞくと七分づき米、100%取りのぞくと白米になります。

玄米投入口から玄米を入れて、つき加げんを選んでスタートボタンを押します。

精米機には、玄米をと石でけずる「研削式 (けんさくしき) 」、玄米同士をこすり合わせて精米する「摩擦式 (まさつしき) 」があります。この精米機は摩擦式です。

精米機に入った玄米は、風力によって運ばれ、ロールにそって回転し、玄米同士がこすれ合うことにより精米されます。精米されたお米は白米タンクまで運ばれますが、糠は風にふき飛ばされて、糠タンクまで運ばれます。

玄米の入ったふくろを白米タンクにセットします。

白米タンクに、精米されたお米がたまります。

足下のペダルをふむと、米袋に白米が流れこみます。

精米直後のお米が一番おいしく、時間がたつにつれてあじが低下します。一度に多く精米せず、少しずつ精米するのが理想的です。また、白米は、さん化が早いので、ビニールぶくろに入れておくことがおいしく食べるコツです。

糠をふくろにためて持ち帰ることもできます。

糠は筍 (たけのこ) のあくぬきや、糠づけなどに利用されます。

165日目・もみすり

175日目・すい飯