田んぼは水を管理 (かんり) する

田んぼ作りの第一歩は水をかくほすることです。

山から流れ出た水、川の水をどのようにして田に入れるのかをしっかり考え、ときには川の流れを変えたり、ため池にたくわえておいたりします。山に水をためるためには、木を植えなければなりません。木が植えられた山は、落ち葉が積もって雨水をたくわえます。

都市や工業地帯では、水を使うことが主になっていますが、農業では木を植え、こう水を調節し、地下水を作りだす水の生産を行ってきました。

稲作 (いなさく) は水をコントロールしているので、国土も守っていることにもなっています。

水田は都市のこう水をふせいでいるダムです。

棚田

日本は、とても雨が多い国です。年間平均降雨量 (ねんかんへいきんこううりょう=1年間にふる雨の量の平きん) は2000mmで、世界の平均900mmの2倍以上となっています。

しかも日本列島は地形がけわしいため、川は急流です。世界の中でも大きい川と言われている黄河やアマゾン川とくらべると、かなり流れが速いです。日本海側では春に雪どけ水が多く流れ、太平洋側では梅雨明けから台風のシーズンにかけて集中ごう雨により多く流れます。

日本の川は、大雨のあと水が急にふえて、しん食・こう水を起こします。雨水が川から流れ出すわり合は60%をこえています。まさに日本は水がい大国と言えるのです。

田んぼ、ため池、用水路などの農業しせつは、こう水を一時的にため、川の急な流れををゆるやかにし、周辺および下流でのこう水ひ害をふせぐ役目をはたしています。

  • 山の川1
  • 山の川2
  • 山の川3

日本の水田は約280万ヘクタールです。整びされた田んぼの140万ヘクタールには30センチ、整びされていない田んぼ140万ヘクタールには10センチの深さの水をたくわえられるので、60億トンもの水をためることができます。これは、日本にある300ケ所以上のこう水調節ダムの約4倍に当たります。

日本の大きな川の下流には東京・大阪をはじめ、多くの都市があります。もしも田んぼがなかったら、こう水による都市のひ害がとても大きくなります。

田んぼ

田んぼは地下水を涵養 (かんよう) し、井戸がれや地盤沈下 (じばんちんか) をぼう止しています。

ひとこまマンガ

地表の水が少しずつ土にしみこんで地下水となることを涵養 (かんよう) といいます。

日本の平野は水分の多い地そうとなっており、ここから地下水をくみ上げすぎると地盤沈下 (じばんちんか=土地がしずむこと) が起きます。都市周辺の水田が少なくなると、地盤沈下がより進むようになります。東京ではこの70年間で4.6m、大阪ではこの50年間で2.9mも低くなった場所があるとのことです。

田んぼは水をためていますから、畑のように雨がふったときだけではなく、たえず地下に水をしみこませ、地下水を作り出しているのです。

水が1日15mmしみこむとして、稲作期間を120日とすると、全国の280万ヘクタールの田んぼでは年間に500億トンの水を地下に送りこむことになります。そのうちの60%の水が川に流れていき、残りの水がさらに地下深くしみこんで地下水となります。それをくみ上げて井戸水として使ったり、自然にわき出して泉 (いずみ) となったりします。

田んぼは地下水の涵養 (かんよう) により水不足もやわらげています。

ひとこまマンガ

田んぼは、地下水を河川にもどして、河川の流れを安定させる役目をはたしています。

河川の水が少なくなった時には、周辺の地下水が河川に流れ出てきます。このことにより、河川ぞいの地いきでは、さまざまな用水として使ったり、水不足をおぎなったりしています。

田んぼは水を浄化 (じょうか=きれいにすること) します。

ひとこまマンガ

田んぼに入った水は浄化されていきます。

まず、さまざまなゴミは、田んぼを流れているうちにしずみます。そして、土の層 (そう) を通るときに濾過 (ろか=水をこしてきれいにすること) されます。土のつぶとつぶの間をよごれた水が流れる間にも、ゴミや細きんがのぞかれます。

水にとけているチッソ (=アンモニア) などは、田んぼの土の層を通るときに微生物 (びせいぶつ) によって分かいされて、空気中に出されます。

あぜで囲まれた田んぼは、さんせい雨でさえもひ料分とし、きれいな水として下流に流しています。

田んぼは気温を調節するクーラーです。

ひとこまマンガ

田んぼは蒸発 (じょうはつ) と蒸散 (じょうさん) により気温を調節してくれます。これによって、暑い日本の夏も、すごしやすくなっています。

水が蒸発するときに周囲を冷やしています。夏に庭に水をまくとすずしくなるのと同じ理由です。

木かげがすずしいのは日かげになっているのと、葉から水の蒸散があるからです。稲 (いね) はこの蒸散作用により周囲をすずしくしています。

水をためた田んぼはこの蒸発と蒸散のダブルこうかで畑や林よりもすずしくなっていると言えます。

日本の田んぼ280万ヘクタールのほぼ60%に当たる田んぼが都市周辺をふくめた平地にあり、ヒートアイランド化しやすい都会のクーラーとなっています。