行基(ぎょうき) 天智七年 (668年)〜天平勝宝元年 (749年)

行基

奈良時代の僧 (そう) 。土木・治水 (ちすい) などの社会事業で貢献 (こうけん) し、行基菩薩 (ぎょうきぼさつ) としたわれた。

重い税 (ぜい) や労働に苦しむ農民を救済 (きゅうさい)

奈良時代は、全ての土地は朝廷 (ちょうてい=君主がせい治を行う所) が所有するという制度がてっていされ、農民は口分田 (くぶんでん) をあたえられてたがやし、税をおさめることとなっていました。しかし、この税のふたんが重くて、土地を放棄 (ほうき=なげすてること) する農民もでて、口分田の荒廃 (こうはい=あれること) が問題となっていました。このような時代に登場したのが行基です。行基は、洪水 (こうずい) になやまされている村では用水路を引いて村を守り、 日照りで水がかれて米ができない土地では谷川をせき止めて、池を作りました。その数は、行基の生がいを通じて架橋 (かきょう=橋をかけること) 6カ所、道路1カ所、ため池15カ所、用水路7カ所、水門3カ所、船泊まり (ふなどまり=船がていはくする所) 2カ所、堀川 (ほりかわ) 4カ所にものぼります。

行基の神通力 (じんつうりき)

行基がこれだけの社会事業を成しとげることができたのは、技術者集団 (ぎじゅつしゃしゅうだん) がついていたためという説があります。また、今の大阪府堺市の生まれで、この地は当時、 朝鮮半島や中国から新しい文化・技術が入ってきていたため、行基自身にその知識 (ちしき) があったともいわれています。

また、15才で出家 (しゅっけ=家を出て僧になること) して山寺で山林修業を行い、この間にすぐれた神通力 (じんつうりき=何事でもなしえる力) を身につけたともされています。「今昔物語集 (こんじゃくものがたりしゅう) 」にはこんな話があります。ある時、池のまわりに人びとが集まって魚を食べていました。行基は、そこで膾 (なます=薄く切った魚肉を酢に浸したもの) を食べてみろと言われたのですが、行基がこれを口の中に入れてはき出せば、みなことごとく小さな魚になってまた池にもどったそうです。

三世一身の法のニーズに合致 (がっち)

朝廷は田んぼの拡大をめざし、723年に三世一身の法を出しました。自発的な開墾 (かいこん=あれ地をひらくこと) を奨励 (しょうれい=すすめ、はげますこと) し、新しく開墾した土地は三世代 (さんせだい=親・子・まご) 、私有 (しゆう) をゆるすという法律 (ほうりつ) です。このときから、用水路や池を開発をする行基の活動は地方の豪族 (ごうぞく) を中心とする社会的ニーズになっていきました。

また、朝廷は、行基に奈良の大仏建立事業 (だいぶつこんりゅうじぎょう) を依頼 (いらい=人にたのむこと) します。奈良の都に東大寺と大仏を作る計画がありました。朝廷は行基に推進役 (すいしんやく) を依頼しました。すると、行基様がなさるのなら、と多くの人びとが協力したそうです。しかし、行基は749年 (天平21) に、その生がいをとじます。752年の東大寺の大仏完成を見ることはできませんでした。

田んぼ作りの先駆者 (せんくしゃ)

行基に対する尊敬 (そんけい) の念は、行基が生がいをとじた約50年後に完成した「続日本紀 (しょくにほんぎ) 」でも「今に至 (いた) るまでその利を蒙 (こうむ) れり」とたたえられ、さらに平安時代、江戸 (えど) 時代と時をこえて続きます。狭山池 (さやまいけ=大阪ふ) や昆陽池 (こやいけ=ひょうご県) も行基が作ったもので、いまも満々と水をたたえています。田んぼやため池は農業をいとなむ人びとが何千年にもわたって、山を切りもりし、あれ地を開墾し、水の流れをコントロールして作り上げた人工のお米栽培装置 (さいばいそうち) です。行基はまさに、その先駆者 (せんくしゃ=人にさきがけて物事をなす人) といえます。やはり行基には何らかの神通力がそなわっていたのでしょうが、詳細は分かっていません。

卑弥呼 (ひみこ)

空海 (くうかい)