小林一茶(こばやしいっさ) 宝暦十三年 (1763年)〜文政十年 (1827年)

小林一茶

江戸 (えど) 後期の俳人 (はいじん) 。15才のときに江戸に出て、俳句 (はいく) を学んだ。俗語 (ぞくご) や方言を使いこなし、日常の生活や状況をこっけいに句にした親しみやすい作品が多い。

少年時代に農業をして、その厳 (きび) しさを知る

一茶は、柏原村 (かしはらむら=今の長野県しなの町) で、農家の長男として生まれました。3才の時に母と死別し、祖母 (そぼ) に大切に育てられました。8才の時に父が再婚 (さいこん) しましたが、新しい母になじめず、仲良くできませんでした。孤独 (こどく) な少年時代だったと思われます。

少年時代の一茶は農業の手伝いをしていて、あまり勉強の時間はとれなかったようです。一茶自身が、「昼は終日菜摘 (なつみ) ・草刈 (くさかり) 、馬の口とりて、夜は夜すがら、まどの下の月の明かりに藁打 (わらうち) 、草鞋 (ぞうり) 作りて、まなぶいとまなかりけり」と日記に書き残しています。

一茶が15才のときに、一茶をかわいがってくれていた祖母が亡 (な) くなります。これをきっかけに、一茶の父は、一茶と新しい母が不仲 (ふなか) のままでくらすよりも、はなれた方がいいと判断 (はんだん) して、一茶を江戸に奉公 (ほうこう=住みこみではたらく) に出します。15才の少年にとっては、さみしいことだったでしょう。

不安定なくらしで修業 (しゅぎょう) を続け、花鳥風月より生活をよむ俳人へ

一茶は江戸で奉公先を点々と変えながら、少しずつ俳句をおぼえて、修業します。家はなく、知人の家をわたり歩くというくらしでした。それでも28才のころには、俳人として少しは知られるようになったようです。一茶と名乗ったのもこのころです。それは一杯 (ぱい) のお茶の泡 (あわ) のように、消えやすく、はかない身だからという意味だそうです。

30才から36才までの約6年間、一茶は関西・四国・九州に俳句修業の旅に出ました。西国大旅行です。門人や俳句仲間をたずね歩いて句会を開き、その礼金で次の目的地をまわるという日々でした。やはりさみしさはあったようで「初夢 (はつゆめ) に ふるさとを見て 涙 (なみだ) かな」とよんでいます。しかし、こういったくらしを6年間も続けられるのは、一茶が社交的で交友関係が多く、もちろん俳句の実力もついてきたからといえるでしょう。

旅につかれ、一茶は寛政 (かんせい) 十年 (1798年) に江戸にもどります。江戸にもどってからも、一茶は相変わらず、家も妻 (つま) も家業もない身の上で、俳句好きな商人の世話を受けるなど、くらしは不安定でした。

家族を失うなかで、小さな生き物や子どもをいとおしむ句を多作

一茶は50才の時に故郷 (こきょう) に帰り、初めて家や田畑・山林を持ちました。2年後に24才年下の菊 (きく) と結婚 (けっこん) し、子どもも生まれました。一茶は、家があり、田畑があり、家族もいるという幸せを、初めて味わいました。「めでたさも 中位なり おらが春」。自分の家で、妻と生まれたばかりの子どもとで正月をむかえた喜びを、中くらいで上出来と、よんだ句です。

しかし、三男一女を得たものの、子どもにも妻にも先立たれてしまいました。その後、再婚をしますが3ヵ月ほどで離婚 (りこん) し、64才の時に3度目の妻を迎えます。ところが次の年、柏原の大火で家が焼け、焼け残った土蔵 (どぞう) でくらすことになりました。そんな中、門人のさそいで2ヵ月ほど駕籠 (かご) で旅をし、旅から帰って半月もたたないうちに、そのまま土蔵で65才の生がいをとじました。淋しさのつきまとう人生だったようですが、子どもの目線でとらえた童謡的 (どうようてき) な句、蛙 (かえる) や雀 (すずめ) や猫 (ねこ) といった小動物に心をよせた句など、やさしい俳句がたくさん残されています。

「あの月を とってくれろと 泣く子かな」
「雪とけて 村いっぱいの 子どもかな」
「陽炎 (かげろう) や 縁 (えん) からころり ねぼけ猫」
「やせ蛙 負けるな一茶 これにあり」
「猫の子が ちょいと押 (お) さえる 落葉かな」
「雀の子 そこのけそこのけ お馬が通る」
「我 (われ) と来て 遊べや 親のない雀」

偉大 (いだい) な農業文学者

一茶は50才の時、家や田畑・山林を相続 (そうぞく) しましたが、農業は人まかせで、全部小作に出し、自分は相変わらず俳人としてくらしていました。一茶は、農業をしないということに引け目を感じていたようで、「春がすみ 鍬 (くわ) とらぬ身の もったいな」などの俳句に残しています。自分のことを「もったいないことをしている」と感じているわけです。そんな思いからか、一茶の句には農家のくらしを題材にした俳句が多くあります。農業を応援 (おうえん) する気持ちを俳句で表現するしかなかったのでしょう。数々の俳句に、一茶の農業への思いが感じられます。一茶は偉大な農業文学者であったとも言えましょう。

「ざくざくと 雪かき交ぜて 田打哉 (たうちかな) 」
「山畠 (やまはた) や こやしの足しに 散る桜 (さくら) 」
「陽炎 (かげろう) や 鍬 (くわ) で追いやる 村カラス」
「昼飯を ぶらさげている かかし哉 (かな) 」
「どちらから 寒くなるぞよ かかし殿 (どの) 」

伊能忠敬 (いのうただたか)

二宮尊徳 (にのみやそんとく)