空海(くうかい) 宝亀五年 (774年)〜承和二年 (835年)

空海

平安初期の憎 (そう) 。真言宗の開祖 (かいそ=始めた人) 。唐 (とう) に入って真言密教 (いっぱんの人びとには分からない、ひみつの仏教) を授 (さず) けられる。京都の東寺、高野山の金剛峰寺 (こんごうぶじ) を経営した。弘法大師 (こうぼうだいし) ともよばれる。

山林修行で虚空蔵求聞持法 (こくぞうぐもんじほう) を会得 (えとく)

空海は、はじめ奈良の大学で学びますが、大学で学ぶ儒学 (じゅがく) では社会の矛盾 (むじゅん) を解決 (かいけつ) できないと考え、大学をやめて山林修行を始めました。この時期に、謎 (なぞ) の僧に出会い虚空蔵求聞持法を学びます。これは「ただちに全ての経典 (きょうてん) の文句を暗記でき、意味が理解できる秘法 (ひほう) 」であり、一度見たり聞いたりしたことは絶対 (ぜったい) に忘れなくなる、というスーパー記憶術 (きおくじゅつ) でもあります。空海はあるとき、室戸岬 (むろとみさき) の近くの洞窟 (どうくつ) で 虚空蔵求聞持法の化身である明星があらわれて口に入り、ついに会得 (えとく) したと伝えられています。その後、奈良の寺院の蔵 (くら) の中で「大日経 (だいにちきょう) 」を発見し、密教の世界にふれます。しかし、「大日経」を解説 (かいせつ) できる者は当時日本にはいませんでした。空海は密教をきわめるために中国へわたることを決意します。

唐で密教や土木技術を会得

延暦 (えんりゃく) 二十三年 (804年) 、空海は遣唐使船 (けんとうしせん) に乗り、苦難 (くなん) の旅のすえに唐にたどり着き、中国密教の頂点 (ちょうてん) に立つ恵果 (けいか) のもとをおとずれました。このとき、不思議なことがおこりました。恵果は空海を一目見るなり、「来るのがわかっていた。久 (ひさ) しく待っていた」といったのです。恵果は自分の持っている全ての知識を空海に伝えました。そして、千人以上もいた弟子の中から、異国 (いこく=外国) の僧である空海を抜擢 (ばってき) し、真言密教第8世法王に任命 (にんめい) しました。

空海は帰国し、真言密教の正統 (せいとう) な後継者 (こうけいしゃ) として教義 (きょうぎ) を日本に持ち帰りました。

満濃池 (まんのういけ) の修築 (しゅうちく) など、多くの田んぼに貢献 (こうけん)

讃岐国 (さぬきのくに=香川県) は雨が少なく、水不足でなやまされていました。農民は、ため池や水路を数多く開発していました。その一つが満濃池 (まんのういけ) です。この池が決壊 (けっかい=かけやぶれること) し、3年の月日をかけて修築工事 (しゅうちくこうじ) を進めましたが復旧 (ふっきゅう) できません。そこで、農民は空海を要請 (ようせい) しました。空海はこの要請にこたえて讃岐に向かいました。

空海は到着すると祈祷 (きとう) をし、その後、工事の指揮 (しき) をとって、3年がかりでもできなかった難工事 (なんこうじ) を3ヶ月でやりとげました。修築が短期間で成功したのは、空海をしたう民衆が多数工事に参加したこと、空海本人の土木工事の知識、そして渡来系技術者 (ぎじゅつしゃ) 集団の高度な技術を存分 (ぞんぶん) に利用できる立場にあったことなどが理由として考えられます。土木技術者としての空海の実力をまざまざと世に知らしめた修築工事でした。空海が作った池や橋、道路などの伝説は全国にわたります。

降雨術 (こううじゅつ) で旱魃 (かんばつ) をとめる

空海は降雨術の名人でもありました。

「今昔物語集」にはこんな話があります。国中に日照りが続き、全ての作物がかれてしまいました。このとき、空海は、神泉苑 (しんせんえん) で降雨術を行いました。すると、壇上 (だんじょう) に五尺 (ごしゃく=約152cm) ぐらいのヘビがしゅつげんしました。そのヘビを見ると、五寸 (約15cm) ぐらいの金色のヘビを頭にのせています。やがてヘビは池に入りました。弟子の僧が、このヘビが出現したのはどういうわけかお聞きすると、空海はこうこたえました。「天竺 (てんじく=昔のインド) に阿耨達智池 (あのくだつちいけ) という池があります。その池に住んでいる善如竜王 (ぜんにょりゅうおう) がこの池に通ってきて、この降雨術に、ききめがあることを教えてやろうと出現したのです」。その言葉通りに、空が曇 (くも) ってきて、北西の方角から黒雲がわきでて、国中に雨がふり、旱魃 (かんばつ) は終わりました。

水利工事により各地の田んぼに貢献し、また降雨術で旱魃から人びとを救うなど、空海はまさにオールマイティで活躍 (かつやく) した庶民のスーパーヒーローです。

行基 (ぎょうき)

小野小町 (おののこまち)