武田信玄(たけだしんげん) 大永元年 (1521年)〜天正元年 (1573年)

武田信玄

戦国時代の武将 (ぶしょう) 。甲斐国主 (かいこくしゅ) として領国開発 (りょうごくかいはつ) に力を入れた。

戦国最強と伝えられる武田騎馬軍団 (たけだきばぐんだん)

武田信玄は、天文十年 (1541年) 、21才のときに当主 (とうしゅ=あるじ) となり、風林火山 (ふうりんかざん) の旗の下、戦国最強と伝えられる武田騎馬軍団をひきいて快進撃 (かいしんげき) で領土 (りょうど) を広げます。風林火山の意味は「疾 (はや) きこと風のごとく、静かなること林のごとく、侵略 (しんりゃく) すること火のごとく、動かざること山のごとし」という意味です。領土を広げ、ついに越後 (えちご) の上杉謙信 (うえすぎけんしん) と対立することとなります。こうして宿命のライバル、「甲斐の虎 (とら) 」対「越後の龍 (りゅう) 」の対決が始まります。足かけ十二年にわたって五度の決戦を行いました。とくに永禄 (えいろく) 四年の戦いは激戦 (げきせん) であり、川中島の戦いとしてゆうめいです。この時、上杉謙信は武田信玄の本陣 (ほんじん) に乗りこんで一騎打ち (いっきうち) をいどみ、信玄に傷 (きず) を負わせたと伝えられています。

しかし一方で、他の武将が、生活に欠かせない塩を甲斐に送ることをきんしし、甲斐の人びとがこまったとき、上杉謙信は武田信玄を攻めるこの最大のチャンスにあえて合戦をいどまず、ぎゃくに次のような手紙を送りました。「近隣 (きんりん) の武将が塩を差し止めているのは、まことに卑怯千万 (ひきょうせんばん) です。私はあなたとの決着を戦いによって決めようと思っていますので、塩はどんなことをしてもおとどけしましょう」。信玄たちは感動して「味方にほしい名将だ」と言ったそうです。このエピソードが「敵 (てき) に塩を送る」ということわざの元になっています。

20年をかけて「信玄堤 (しんげんづつみ) 」を完成

合戦を続ける一方で、武田信玄は治水工事においても手腕 (しゅわん) を発揮 (はっき) しました。戦国大名は自分の領土を広げて、お米のとれ高をふやすことに力を注ぎました。お米をより多く収穫 (しゅうかく) するには、新田を開発して田んぼの面積をふやし、田んぼを水害 (すいがい) から守らなければなりません。

天文十一年 (1542年) 、あばれ川とよばれるほどの急流の釜無川 (かまなしがわ) が大こうずいとなり、一帯が泥 (どろ) と砂 (すな) の海と化し、草木は全てかれたと伝えられています。信玄はこれを見て、すぐに釜無川の治水 (ちすい) に取り組みました。完成したのは永禄 (えいろく) 三年 (1560年) と推定されています。約20年の才月 (さいげつ) をかけたそう大なプロジェクトで、この治水事業の成果が「信玄堤」です。

水をもって水を制 (せい) する甲州流の治水法 (ちすいほう)

信玄の治水事業では、さまざまな工夫がこらされています。まず、釜無川に流れこむ急流の御勅使川 (みだいがわ) のなかに大きな石を積んで、川の流れを弱めています。次に、御勅使川のなかに堤 (つつみ) を置いて川の流れを二つに分け、新しい川をほりました。御勅使川を二つの川にするという大工事 (だいこうじ) です。そして一つを本流とし、残りを大雨のときの洪水防止のために使用することとしました。

また、氾濫 (はんらん) しやすい釜無川と御勅使川の合流地点に、16個の大きな石をならべて流れをコントロールし、御勅使川と釜無川の流れのいきおいが打ち消し合うようにしました。「水をもって水を制 (せい) する」方法です。信玄の治水事業の特長は、荒 (あ) れる川の流れにさからわず、石積みなどで流れを上手にコントロールし、いきおいをそいで洪水を防いだところです。「信玄堤」は、完成後400年以上たった現在でも治水機能を果たしています。

さらに、この治水施設 (しせつ) を守るためにも、信玄は工夫をこらします。町の神社から信玄堤のある神社まで神輿 (みこし) がねり歩く祭 (まつ) りを盛大に行いました。これは、堤防の上を神輿とその行列が通って踏 (ふ) みかためることにより、より堅固 (けんこ=かたいこと) にするための知恵でした。また、神社にお参りに来る人たちが堤防を踏み固めますし、農民に洪水への関心をうすれさせないためでもあると考えられています。

治水の祖として天下一に

元亀三年 (1572年) 、天下統一 (とういつ) を目指して、武田騎馬軍団はついに京都に向かいました。途中、三方ヶ原の合戦で徳川家康をやぶりました。しかし、野田城を攻略中 (こうりゃくちゅう) に武田信玄は病をえて、翌年4月、ゆめむなしく53才の生がいをとじました。

戦国時代の治水方法は秘密 (ひみつ) の技術であり、治水事業は極秘 (ごくひ) のうちに進められたと思われます。武田家による治水技術 (ぎじゅつ) は後の江戸時代に「甲州流川除法 (こうしゅうりゅうかわよけほう) 」として、特に急流の川における治水法の主流となり、江戸 (えど) 時代にさかんに行われた新田開発の助けとなりました。戦国最強と言われながら「天下一」にはなれなかった武田信玄ですが、治水の祖 (そ) として「天下一」の夢をかなえることとなったのです。

北条泰時 (ほうじょうやすとき)

豊臣秀吉 (とよとみひでよし)