沢庵宗彭(たくあんそうほう) 天正元年 (1573年)〜正保二年 (1645年)

沢庵宗彭

江戸 (えど) 初期の臨済宗 (りんざいしゅう) の僧 (そう) 。書画・俳諧 (はいかい) ・茶道 (さどう) に通じ、沢庵漬け (たくあんづけ) を発明したとも伝えられている。

紫衣 (しえ) 事件で幕府 (ばくふ) に抗議 (こうぎ) して流罪 (りゅうざい) に

沢庵宗彭は天正元年 (1573年) 、但馬国 (たじまのくに=今のひょうご県) に生まれました。10才で出家 (しゅっけ) し、寺を転々として修行 (しゅぎょう) をし、37才のわかさで京都・大徳寺の住職 (じゅうしょく) に就任 (しゅうにん) しましたが「私は本来、さすらいの身です」と言ってわずか3日間で辞任 (じにん) しました。多くの大名から、自国の寺の住職への就任などのまねきをうけましたが全てことわり、自然を友として修行生活を送っていました。その清貧 (せいひん=びんぼうだが、けっ白なこと) ぶりは、一まいしかない衣をあらい、かわくまで裸で待っていたと伝えられるほどです。

寛永 (かんえい) 四年 (1627年) に紫衣 (しえ) 事件が起こります。紫衣とは、紫色 (むらさきいろ) の法衣 (ほうえ) や袈裟 (けさ) のことで、これを着用する僧の選定は朝廷 (ちょうてい=君主がせい治を行う所) が行っていました。徳川家康 (とくがわいえやす) は、表向きは朝廷をうやまいつつも、そのせいりょくを抑 (おさ) えようとしており、この僧の選定のけんりを朝廷から幕府 (ばくふ) へ移そうとしました。そして寛永四年 (1627年) 、徳川家光の時、それまでの朝廷の許可を無効 (むこう) とし、紫衣を着ていた僧から、紫衣を取り上げようとしました。これに対して、沢庵宗彭は抗議書を幕府に提出、幕府の怒 (いか) りにふれ、寛永 (かんえい) 六年 (1629年) 、出羽国 (でわのくに=今の山がた県) に流罪 (りゅうざい) となります。

土岐頼行 (ときよりゆき) へのお礼に沢庵漬けを発明したという説

しかし、出羽国の藩主 (はんしゅ) ・土岐頼行は、沢庵を手あつくもてなしました。当時22才だったわかき頼行は、そんけいしている沢庵のために小さいながらも立派 (りっぱ) な家をおくりました。

また頼行は武芸にも熱心であり、沢庵から兵法の心得を学んだり、人びとの平和な生活を願って、用水路の整備 (せいび) なども行ったようです。

沢庵漬け (たくあんづけ) は、干した大根を糠 (ぬか) や塩を使って漬けこんだもので、大根を長期間貯 (たくわ) えておける、保存食でもあります。農民が寺に収穫 (しゅうかく) の大根をそなえますが、大根が出来る時期は同じなので、食べきれないほど、いっせいに集まるため、寺では保存する工夫をしていたはずです。その一つが貯え漬けだったと思われます。

沢庵は寛永九年 (1632年) 、前将軍の死による特赦 (とくしゃ=はんざい人のつみをゆるすこと) でゆるされ、京都に帰りました。このとき、土岐頼行に対する感謝 (かんしゃ) のしるしとして貯え漬けをおくり、それから沢庵漬けと呼ばれるようになったという説があります。

貯え漬けを沢庵漬けと徳川家光 (とくがわいえみつ) が名づけたという説

第三代将軍・徳川家光は、沢庵を江戸に相談役としてまねきました。沢庵もこのときは、しぶしぶと、まねきにおうじています。

あるとき、家光が「最近何を食べてもおいしくない。何かおいしい物が食べたい」と言うので、沢庵は彼を寺にしょうたいします。ただし、途中 (とちゅう) で帰らないでください、と約束させます。家光は午前10時ごろにやって来て、沢庵和尚が何を食べさせてくれるのか期待しながら待っていました。しかし、昼がすぎても、なかなか食事が出てきません。おなかがすいて、のどもかわいてきました。しかし約束があるので、家光は途中で帰ることができません。ようやく午後2時ごろ、お茶漬 (づ) けに漬 (つ) け物がそえて出されました。それを家光は一気に食べ、「こんなにおいしい物は初めて食べた。これは何だ」と聞くと、沢庵和尚は「それは、禅寺 (ぜんでら) に伝わる貯え漬けです」と答えました。すると家光は「これは貯え漬けにあらず、以後これを沢庵漬けというべし」と名づけました。これはまた、家光の日頃の美食をいましめるための沢庵の教えでもありました。これが沢庵漬けが世に広がった始まりという説です。

天下一品のおかず・沢庵漬けで食生活をゆたかに

沢庵漬けの由来には他にも、沢庵の墓石 (はかいし) が沢庵漬けの重石ににているところから名づけられた、という説もあります。どれが本当かは謎 (なぞ) ですが、沢庵漬けが沢庵和尚にちなんでいることは、たしかなようです。

清貧を好んだ沢庵和尚ですが、花鳥風月をこよなく愛し、自然を友として、その心の生活は実にゆたかだったようです。沢庵漬けは、いかにも沢庵和尚に似つかわしく、豪華 (ごうか) ではありませんがおいしいおかずです。江戸 (えど) 時代には一般 (いっぱん) の家庭に広まり、それ以来、21世紀の現在にいたるまで、沢庵漬けは好まれてきました。ごはんによく合う、まさに天下一品のおかずといえるでしょう。沢庵は僧であり書画・俳諧 (はいかい) ・茶道に通じた文化人でもありますが、「くぼたのたんぼ」ではこの沢庵漬けで、ごはんがいっそうおいしく食べられるようになり、お米の食文化に貢献 (こうけん) したということで、田んぼのヒーローとさせていただきたいと思います。

石田三成 (いしだみつなり)

天草四郎時貞 (あまくさしろうときさだ)