宮崎安貞(みやざきやすさだ) 元和九年 (1623年)〜元禄十年 (1697年)

宮崎安貞

江戸 (えど) 前期の農学者。諸国 (しょこく) のベテラン農家をおとずれて農業を研究し「農業全書」にまとめた。

各地の農村をたずね、老農の話を聞いて歩く謎 (なぞ) の人物

江戸時代も50年以上続き、世の中が安定してきたころ、九州から紀伊 (きい) 、伊勢 (いせ) などに、不思議 (ふしぎ) な人物の噂 (うわさ) が流れました。武士 (ぶし) のように見えますが、刀は差していません。山の形や野の様子、川の水利などをせっせと写生しています。たいどは上品で、お米やお金についての話、日本や中国の昔話などには大変くわしい。では学者かと思えば、手には鋤 (すき) や鍬 (くわ) をにぎったタコがある。全国各地に旅をして、ゆうめいな老農をたずねては、一心に話を聞いている。この武士なのか、学者なのか、農民なのか分からない不思議な人物が宮崎安貞です。40年以上の年月をかけて「農業全書」をまとめました。

刀をすてて、鍬をにぎり、中国の農書や老農の教えを実験 (じっけん)

安貞は25才の時に、二百石の禄米 (ろくまい=給料) で福岡藩 (ふくおかはん) の家臣 (かしん) となります。しかしある時、安貞は禄米をあっさりとすてて、旅に出てしまいます。

さらに旅から帰ると、今度は刀まですてて志摩郡女原村 (しまぐんめはらむら=今の福おか市) に住みついて農業を始めます。このころは、文学や演劇 (えんげき) 、絵画 (かいが) などの文化が一気に花開き、数多くの文化人が生まれました。安貞は職 (しょく) をすてたばかりか、文化人としての道も選びませんでした。ひたすら村民をはげまして開墾 (かいこん) をすすめ、自分も鍬をふるってたがやし、その合間をぬって中国の農業書をかたっぱしから読み、すこし時間があると近畿 (きんき) 、中国、九州の各地に出かけて経験の深い老農の話を聞き歩きました。そして村に帰ると、それらをじっさいに自分の農地で実験しました。

全11巻の大書が日の目を見る

安貞はそんな生活を40年も続けました。その間に「農業全書」をまとめたのです。全10巻と1巻の付録からなる「農業全書」は、第1巻は農業総論 (そうろん) として耕作 (こうさく) 、種子、土地を見る法などについて書かれ、2巻から後は五穀 (ごこく) 、畑の野菜、山野の野菜、茶、家畜 (かちく) や薬草、施肥 (せひ) 、じょ草やじょ虫など、農業についてのあらゆるものごとをくわしく記述 (きじゅつ) しています。

農民を愛し、農民救済 (きゅうさい) のために生きた日本の農学の父

「農業全書」は、元禄十年 (1697年) に刊行 (かんこう) され、各地にふきゅうしました。明治になって西洋の自然科学による農学書が出るまで、ほぼ二百年の間、近代農業の発展 (はってん) に役立ってきました。

安貞の最大の目的は農民の救済でした。安貞は「農民が技術的 (ぎじゅつ) に水準 (すいじゅん) が低く、そのために、ゆたかで明るい生活の道をたてられない」ことをなげき、農業の書をあらわすことを思い立って、この「農業全書」を完成させたのです。

「農業全書」では農業技術のことだけではなく、農政についても、しっかりとした意見をのべています。農民が貧 (まず) しいことをうれい、穀物の蓄積 (ちくせき) 、倹約 (けんやく) につとめることをも説いています。また、植物の名前をはじめ、ほとんどの漢字には、読みやすいようにふりがながふられ、イラストも数多くけいさいしています。

日本は瑞穂 (みずほ) の国と言われ、大昔から農業国として成立していましたので、特別な技術がなくてもあるていどの収穫 (しゅうかく) はありました。しかし、農民の発明や発見は親から子へと口伝えに伝えられるだけで、それを書物として記録することはなかったようです。宮崎安貞は、「農民が富 (と) まざれば、国富まず」の考え方をつらぬき、技術書をかくりつしました。「農業全書」は、農業の技術書として重要であるだけではなく、農民の生活を応援 (おうえん) する書でもありました。それは長きにわたって、農民の心のささえとなったのです。

天草四郎時貞 (あまくさしろうときさだ)

徳川光圀 (とくがわみつくに)