大原幽学(おおはらゆうがく) 寛政九年 (1797年)〜安政五年 (1858年)

大原幽学

江戸 (えど) 後期の農村指導者 (しどうしゃ) 。農村救済 (きゅうさい) のために作った先祖株組合 (せんぞかぶくみあい) は、農業協同組合運動の先がけとなった。

18才で勘当され、諸国 (しょこく) を放浪 (ほうろう)

大原幽学は、寛政 (かんせい) 九年 (1797年) 、尾張藩 (おわりはん=今のあい知県) の重臣の家に生まれました。18才で親から勘当 (かんどう=えんを切ること) されます。勘当の理由は定かではありませんが、藩の剣道師範 (けんどうしはん) を果たし合いのすえに切り殺して勘当されたという説があります。

幽学は、武者修行 (むしゃしゅぎょう) の姿 (すがた) となり、諸国を放浪します。大和の国では道場に滞在 (たいざい) し、剣 (けん) で全員をうち負かします。ある夜、幽学が歩いていると手裏剣 (しゅりけん) が飛んできて、足に刺さりました。幽学は、手裏剣が刺さったまま道場にもどり、「卑怯 (ひきょう) な者がいるものだ。なぜ正々堂々と決闘 (けっとう) を申しこまないのだろう」と言ってから、手裏剣を引きぬいたと伝えられています。剛胆 (ごうたん) な人物だったようです。

門人を集めて、世界初の産業協同組合を作る

幽学は各地を放浪しながら神道 (しんとう) や仏教 (ぶっきょう) 、儒教 (じゅきょう) 、易学 (えきがく) などを学びます。やがて道徳と経済 (けいざい) の調和を図る考え方を打ち出し、農民や商人の道を説くようになりました。人間が本来持っている良心にしたがって生きることを人の道として、その道を進むための教えで、次第に門人がふえていったようです。

天保七年 (1836年) 、幽学は門人たちに「子孫永々相続講 (しそんえいえいそうぞくこう) 」を提案 (ていあん) します。これは、1回百文をかけ金としておたがいに契約 (けいやく) を結び、年に2回、門人たちが大会を開いて、やむをえない事情で貧 (まず) しくなった人に対して助成金をしはらうというものです。

さらに二年後の天保九年 (1838年) 、幽学は「先祖株組合 (せんぞかぶくみあい) 」を提案します。「先祖株組合」は門人たちで共有の財産 (ざいさん) を作るというものです。幽学の指導のもと、4つの村で門人たちによって農地出資 (のうちしゅっし) による「先祖株組合」の結成が行われました。この「先祖株組合」は、世界初の産業協同組合であるといわれています。その後、幽学と門人だけのものではなく、村ぐるみの組織 (そしき) になっていきます。

合理的農業経営 (ごうりてきのうぎょうけいえい) で村を発展 (はってん) させる

幽学は「分相応 (ぶんそうおう) 」という考えを示し、それを農業にも応用 (おうよう) しました。年間の労働力を計算し、一町の田んぼで米を作るのが分相応な農民は、それに従って、一町の田んぼで米を作るべきだと説いたのです。それが一町二反の田んぼで米を作ろうとすると、仕事がおいつかず、ひ料も少なく、地面もあれる。その結果、収穫 (しゅうかく) がへって、年貢 (ねんぐ) だけが多くなり、身代がおとろえる。分相応を守らないのは、よくばった心のせいであるととなえました。労働力に見合った耕作規模 (こうさくきぼ) で、合理的、集約的に経営することを指導します。また、米作りの日ていの変更 (へんこう) や苗 (なえ) の浅植え、苗の持ち方にいたるまで、具体的な指導書を作ったと伝えられています。その結果、幽学が指導した長部村 (おさべむら) はめざましい発展 (はってん) をとげました。

幽学のまいた小さな種が、農業協同組合へと実を結ぶ

嘉永 (かえい) 元年 (1848年) 、長部村の発展を見た領主 (りょうしゅ) ・清水家は村民をひょうしょうし、幽学の指導は村の規範 (きはん=ほうそく) とすべきものとしました。幽学の門人となる農民はふえ、ついには400人ほどとなりました。

嘉永四年 (1853年) 四月、常州新治郡 (じょうしゅうしんちぐん) の村人5人がおとずれて入門を申しこみました。応対 (おうたい) に出た門人が「すぐには入門できない」と答えると、「せめて一目、幽学先生に会いたい」と押し問答になり、5人は酒を飲み、幽学のもとに押しかけました。これを止めようとした門人にケガをさせられたから金を出せ、などと幽学をおどし、さわぎは大きくなっていきました。このさわぎは裁判 (さいばん) となり、その裁判は足かけ6年にもおよびました。結果、双方 (そうほう) が有罪 (ゆうざい) となりました。幽学にも有罪のさばきが下されたのです。理由の一つが、先祖株組合を勝手に結成したことでした。江戸の身内の家で百日の謹慎期間 (きんしんきかん) をすごした幽学は、いったん長部村に帰り、門人らにむかえられます。その後、門人に遺書 (いしょ) を残して、生家から遠くはなれた山林で、切腹 (せっぷく) して世を去りました。無念の自決 (=自さつ) であったと思われます。しかし、幽学のまいた小さな種はやがて、農業共同組合へと実を結びます。

二宮尊徳 (にのみやそんとく)

坂本龍馬 (さかもとりょうま)