大正13年、泥炭地 (でいたんち) に打ちこまれたツルハシの力。国づくりをささえた北海幹線用水路 (ほっかいかんせんようすいろ)

北海幹線用水路

北海幹線用水路は、北海道空知郡管内 (そらちぐんかんない) を走る日本で最も長いと言われている農業用水路です。赤平 (あかびら) 市を始点に砂川 (すながわ) 市、奈井江 (ないえ) 町、美唄 (びばい) 市、三笠 (みかさ) 市、岩見沢 (いわみざわ) 市、南幌 (なんぽろ) 町と北から南へ約80kmにもおよび、この水を利用している土地の面積は約2万6,000ヘクタール、石狩川 (いしかりがわ) 左岸中流地帯の作物が育たないと言われた土地を日本でも有数の穀倉地帯 (こくそうちたい=こく物を作る土地) に変えた水の大動脈 (だいどうみゃく) です。

北海幹線用水路はもともとは、北海土功組合 (ほっかいどこうくみあい) がせっ計・資金 (しきん) 計画をたて、1929 (昭和4) 年に完成させた手ぼりの土水路、「北海かんがい溝 (こう) 」です。建せつ機械のない当時においては、ツルハシ、スコップ、モッコ (なわや竹をあんだ運ぱん用具) などを使った重労働で、とてもむずかしい工事でした。

明治時代、北海道では米作りができないとされていました。北海道開拓 (かいたく=土地を切り開いて、こう地にすること) のために明治政府にまねかれていたアメリカ人のホーレス・ケプロンや、札幌 (さっぽろ) 農学校 (現・北海道大学) をひらいたウィリアム・スミス・クラーク博士は、米作りではなく小麦作り、パン食をおしすすめていました。

「できない」とされていた米作りにちょう戦し、寒さのきびしい野原をゆたかな穀倉地帯へと変えたのが、風や雪にたえぬいた先人たちのフロンティアせい神です。北海かんがい溝開発の根底にあった国づくりへのおもい、そのゆたかな水で米作りができるようになった空知農業のちょう戦についてしょうかいします。

米作りへのおもい

明治時代、北海道では米作りができないと言われ、 北海道の開拓者としてよばれたケプロンや、札幌農学校 (現・北海道大学) のクラーク博士は畑作、小麦作りをすすめました。

しかし、本州からうつり住んだ人々は、今まで米を主食としてきていたので、なかなかあきらめられません。また、畑作をするのにも、縄 (なわ) 、草履 (ぞうり) 、筵 (むしろ) などの藁製品 (わらせいひん) が必要でした。

開拓農民は北海道における米作りへのちょう戦を続け、明治のはじめに中山久蔵 (なかやまきゅうぞう) が「赤毛種」の米作りに成功しました。 中山久蔵は、北海道稲作 (いなさく) の父、寒地稲作の父と呼ばれています。

蛇行 (だこう) により氾濫 (はんらん) しやすい石狩川 (いしかりがわ)

空知地いきの畑作農家は、蛇行 (だこう=川が曲がりくねっていること) が多くて氾濫 (はんらん=水があふれ出すこと) しやすい石狩川のために、何度も大きな水がいを受けていました。

  • 水がいの様子
  • 水がいの様子

また、米作りをしようとしても、自然の水だけでは足りませんでした。

北海幹線用水路を保守 (ほしゅ) ・かん理し、地いきの農業をささえる北海土地改良区 (昔の北海土功組合) をおとずれて、水土里ネットすい進室長の高柳広幹 (たかやなぎひろき) さんにお話をお聞きしました。

高柳広幹

高柳広幹 (Takayanagi Hiroki)
北海土地改良区 水土里ネットすい進室長

高柳「水げんがなかったんです。そばに石狩川が流れているんですが、 低い位置にあり、水を引くことができませんでした。いまはポンプアップできますが、当時は不かのうでした。また、泥炭 (でいたん) と言う、植物 (しょくぶつ) が腐食 (ふしょく) して層 (そう) となった地盤 (じばん) で、まったく米作りに向いていない土地だったんです」

国づくりへのおもい

国が食料をふやすというとり決めを行ったので、1922 (大正11) 年、北海土功組合が設立 (せつりつ) されて、「北海かんがい溝」開発が始まりました。

高柳「北海かんがい溝は、一町村が自分たちの水利のみを考えて計画したのではなく、1町6ヵ村の有志 (ゆうし) が集まり、力を合わせて、空知を日本の一大穀倉地帯 (こくそうちたい) にしようという『国づくり』発想で計画されました。そう大なビジョンだったのです」

技術者 (ぎじゅつしゃ) ・友成仲 (ともなりなか) をまねく

北海土功組合は技術者として、農業土木の第一人者として全国的に名高い友成仲 (ともなりなか) をよびよせました。

友成仲は1857 (安政4) 年に江戸 (えど) で生まれ、 大学を卒業後、 北海道などで働き、ここによびよせられた時には66歳となっていました。すぐれた指どう力によって事業を進めていったと伝えられています。

高柳「友成仲をはじめ、ゆうしゅうな技術者たちが中心となって計画を立案し、工程 (こうてい) をかん理して進める、となったようです。指揮 (しき) をとったのは友成仲です」

  • せっ計に取り組む技術者
  • 当時のせっ計図

1924 (大正13) 年12月下旬 (げじゅん) 、北海かんがい溝の工事が始められました。この大地に、ツルハシ (=土をほる道具) の最初の一撃 (いちげき) が打ちこまれました。

  • 北海土功組合かんがい水路平面図
  • 北海かんがい溝起工式、1924 (大正13) 年12月15日

標高1,000mの米作りをささえる白樺湖

神が味方した久米島のカンジンダム