ゆめをすてない久米島農業人に神が味方したカンジンダム

カンジンダム

沖縄 (おきなわ) 本島西方100キロメートルにうかぶ久米島は、古来より稲作 (いなさく) がさかんな「米の島」でした。しかし、今では多くの農家がサトウキビ作りを行っています。

サトウキビは、かんばつ (=ひでり) に強いからですが、今回、お話をお聞きした9人の方々は「久米島には水があります」と話されました。

沖縄県南部農林土木事む所は、世界初となる地表湛水 (たんすい) 型地下ダム建せつの工事に1993年にとりかかり、12年ものとし月をかけて2005年に完成させています。湖のように見えるこのカンジンダムの貯水池の水は、海に流れこんでいた地下水を止めて、たくわえることに成功した地下ダムの水です。

なぜ、久米島の米作りはおとろえたのでしょうか。そして、カンジンダムは今の久米島の農業に、どのような役わりをはたしているのでしょうか。

「雨垂い水や醤油使え (アマダイミジヤショウユジケエ) 」。

  • シーサー
  • タンク1

これは、沖縄の家の屋根によく見かける、まよけのシーサーです。そして、同じくよく見かけるのが、水をためるタンクです。この写真は那覇 (なは) 市のものです。水道水は、いったんこのタンクにためてから使います。このようにすると、だん水した時もタンクにたまっている水は使うことができます。沖縄には、「雨垂い水や醤油使え (アマダイミジヤショウユジケエ) 」、雨水は醤油 (しょうゆ) を使うように大切にしなさい、ということわざがあります。水不足が深刻 (しんこく) な地いきでは、実さいに雨水をためて使用する事があるようです。

  • タンク2
  • 阿良岳

この地にも、このような水道水をためるタンクがありました。しかし、雨水をためるタンクを見かけることはありませんでした。久米島は面積59.11平方キロメートル、周囲48キロメートルで、宇江城岳 (うえぐすくだけ=標高310メートル) と阿良岳 (あーらだけ=標高287メートル) という2つの山があります。山は雨水をたくわえておくことができるので、稲作ができ、「米の島」となったのでしょう。また、17世紀ごろに先祖 (せんぞ) が30余りのため池を作り、そのめぐみも受けています。

田んぼの水が熱湯に

この島で戦前から米作りをなさっていて、今もカンジンダムの水を使って米作りを続けている山里邦夫 (やまざとくにお) さんと山里昌朝 (やまざとまさとも) さんに、久米島での米作りと水についてお聞きしました。

山里邦夫

山里邦夫 (Yamazato Kunio)
農業

山里昌朝

山里昌朝 (Yamazato Masatomo)
農業

田んぼ

山里邦夫「山がありますから、ふだんは水は不足しないです。米はおいしいですよ、水がいいから」昔の米作りで苦労したことをお聞きすると、まず思いうかぶのは、3月の寒さだそうです。

山里邦夫「ろ地で苗床 (なえどこ) を作るのが、一番きつかったですね。一番寒い彼岸ごろに種をまいて、成長もにぶいから、まいて一ヶ月ないしは40日ぐらいもかかって、それから田植えです」

山里昌朝「その前に、種籾 (たねもみ) もお風ろをわかして、ぬるま湯のなかにつけて温めてからです。また、堆肥 (たいひ) の熱を利用して温めもしました」

山里邦夫「二期作 (にさくき=1年に2回、米を作ること) 目の田植えは夏場で、足ば、田んぼに入れるのに、水が熱いんですよ。お湯になってる」

山里昌朝「田んぼに入るのは大変。熱湯のようになるから、田うなぎも死んでしまって、うくんですよ。お昼から3時ぐらいまでは入れませんよ。いまは、もうすぐ一期作目の稲かりで、スズメが来るので、あみをはってね」

1971年の大かんばつでサトウキビ作に転かん

畦 (あぜ) にバナナが植えられていました。

山里昌朝「久米島はお米だけ作っていたから久米島。どこに入って行っても田んぼがあった。ところが、大きなかんばつが来て、畑に切りかえた。大きな、大きなかんばつです。そこにサトウキビの値 (ね) が上がったもんだから、島中、キビになってしまって。本当なら稲作 (いなさく) も3回できるんだが、3回目はキビかりとカチ合うから、ひまが作れない。二期作までです」

今も米作りをしている方は、少なくなってしまいました。久米島は稲穂 (いなほ) の金色の島から、サトウキビの穂 (ほ) の銀色の島にかわってしまいました。

山里邦夫「いまは南風の季節。カーチー (かわいた風) ですね。風がふき通すんだったら、千里もふき通すんですよ。これからは、台風の季節。台風が来たら、大変だ。稲もサトウキビもやられます」

山里昌朝「イモは台風に強い。去年の台風2号で、葉たばこがみんな飛んでしまった。今はイモを量産するようになって来た。きく、バナナとかも台風のえいきょうを受けづらい」

カンジンダムのめぐみでサツマイモを増産

昨年は葉たばこが台風でとり入れできず、今年はサツマイモに転作した仲村渠正明 (なかんだかりまさあき) さんにお話をお聞きしました。仲村渠さんは、沖縄県農業共同組合久米島支店芋 (いも) 生産組合の組合長もつとめています。

仲村渠正明

仲村渠正明 (Nakandakari Masaaki)
農業、沖縄県農業共同組合 久米島支店芋生産組合組合長

仲村渠正明「サツマイモに本かく的に転かんできたのは、カンジンダムのおかげです。サツマイモは、水が命ですから。それまでは、少しのサツマイモでも、植え付けをするとタンクに水をためて、一本一本、ホースで水をやっていました。夜おそくまで、大きな負たんがかかっていました。いまは、作付け面積が大きくても、スプリンクラーで一気にまけますから。今年からは、オクラも始めました」

「雨水でさいばいすることはできませんか」とお聞きしましたら、「雨は無い」のだそうです。
仲村渠正明「かんばつは毎年ですよ (笑) 。台風が来るまでは雨は無いんです。台風が雨を持って来てふらす、という感覚なんですよ」

  • サツマイモ畑
  • オクラの収穫 (しゅうかく)

サトウキビだけの水なら、あると言えますが、サツマイモをさいばいしようと考えると、水不足となります。それが、カンジンダムが必要だった理由のようです。建せつを行った沖縄県南部農林土木事む所の方にお話を聞くことにしました。

国づくりをささえた北海幹線用水路

宇和町の観音水と風景