17才の少年のひとみにうつった幻 (まぼろし) 空の水路・通潤橋 (つうじゅんきょう)

通潤橋

阿蘇山 (あそさん) のふもと、熊本県上益城郡山都町 (やまとちょう) に長さ75.6mの「通潤橋 (つうじゅんきょう) 」という名前がついている日本でも大きな、美しい形をした石橋があります。しかしよく見ると、この橋には欄干 (らんかん=手すり) がありません。それは、この橋は人が通る橋ではなく、水を通すための橋だからです。

今から190年以上も前のこと。熊本の白糸 (しらいと) 台地は、農業用水はおろか、飲み水にもこまる所でした。
その当時17才だった少年は、青い空を見つめて、「水のある台地から、あの空をわたして、白糸台地に水を引くことはできないだろうか?」と考えていました。
それは、当時ではゆめのようなことでした。その少年の名前は、布田保之助 (ふたやすのすけ) と言いました。

それから35年という年月がすぎました。布田保之助は矢部郷 (やべごう) 78ヶ村の惣庄屋 (そうじょうや=地いきの長) となります。そして、種山村の石工や村人たち合わせて2万7千名近くの人の協力をえて、ついに空の水路を完成させます。

ゆめのようなことが本当にできました。それは、さまざまなぎじゅつを考え、人びとの知えと工夫、そして水への強い思いが通じたからです。

飲み水にすら苦労する、かわいた台地

白糸台地にも雨はふりますが、人々は飲み水にも苦労するほど、水不足になやまされていました。そのわけは、白糸台地が阿蘇山の火山灰 (かざんばい) が積ってできていたためです。火山灰はとても細かくくだかれたものなので、雨水はすぐさま地中深くにもぐり、ためることはできません。向こう岸の台地には川がありますが、その川は白糸台地の周囲の谷の深くを流れていて、くみ上げることはできませんでした。そのために、水が必要な田んぼを作ることができず、多くは原野のまま、わずかな畑で作物を育てるという、まずしいくらしをしていました。

通潤橋史料館 (つうじゅんきょうしりょうかん) のアドバイザーである石山信次郎 (いしやましんじろう) さんにお話をお聞きしました。

石山「阿蘇山が23キロ、その外輪山が12キロにせまっている白糸台地の周囲には四つの川が流れていますが、谷底深く流れるために水をくみ上げることができませんでした。南北に4キロ、東西に2キロ、約8平方キロの白糸台地には8つの村があり、800名あまりの方が生活をしていました。飲み水については十間 (約18メートル) の深い縦井戸 (たていど) がほられていたそうです。火山灰土壌 (どじょう) なので、雨がふっても水がすっと引いてしまいます。雨が4週間、5週間とふらないと、その井戸もかれてしまって、飲み水にもこまる土地でした。粟 (あわ) とか稗 (ひえ) とか芋類 (いもるい) の畑作だけで、生活は苦しかったようです」

  • 現地の案内板
  • 中央が白糸台地の南はし。川は谷底を流れています。
石山信次郎

石山信次郎 (Ishiyama Shinjiro)
通潤橋史料館・アドバイザー/山都町の石橋を守る会/日本の石橋を守る会・事務局

石山さんは、町役場で農業土木の専門家 (せんもんか) としてつとめられ、定年の後は、通潤橋史料館でアドバイザーとして活動されています。
「土木の仕事をしていたので、わかいときから県内の眼鏡橋 (めがねばし) の情報 (じょうほう) を収集 (しゅうしゅう) していました。日本の石橋を守る会・事務局の補佐 (ほさ) もしています。
320ある石橋をへらさない、移築 (いちく) をしてでも残そうと。昨年と今年は、ここ山都町で、全国大会を行いました。自宅もここに、引っこしてきました。通潤橋がよく見えるようにです (笑) 」

布田保之助 (ふたやすのすけ) と種山石工 (たねやまいしく)

布田保之助は、惣庄屋 (そうじょうや) ・布田市平次の子として生まれましたが、10才で父親を失い苦労を重ねました。村人思いの保之助は人望もあり、天保4年 (1833年) 、32才で第16代目の惣庄屋となりました。

石山「熊本は関ヶ原の戦い (=1600年にあった戦い) の後、加藤家 (かとうけ) から細川家につながっていきました。肥後藩主 (ひごはんしゅ=熊本の大名) ・細川忠利公は、30ないし40の村を一単位として『手永 (てなが) 』とよんでいました。肥後には53の手永があり、中でも矢部手永の規模 (きぼ) は突出 (とっしゅつ) していました。78ヶ村があり、肥後藩最大の手永でした。その78ヶ村・78人の庄屋たちのトップに立つのが惣庄屋・布田保之助です」

通潤橋史料館てんじ物

弘化4年 (1847年) 。布田保之助が47歳の時に、砥用手永 (ともちてなが) の緑川に日本で一番大きな石橋ができました。霊台橋 (れいたいきょう) とよばれるものです。それまでにあった板橋は、大雨がふると流されていました。石橋なら、大きな雨がふっても流れることなく、安心してわたることができました。

石山「保之助は霊台橋を見に行き、その大きさにおどろいたのです。
こんな大きな橋がかけられるのなら、対岸の台地から白糸台地に橋をかけて水を通せばいいのではと考えました。霊台橋を建築 (けんちく) した種山石工 (いしく=石を加工したり組み立てたりするひと) に会い、『ここに30メートルの高さの橋を作ってほしい』といらいしました。しかし、種山石工は『霊台橋は16.3メートルの高さ、この高さがげん界です。その2倍など不かのうです』とことわったのです。しかし、重ねて願う保之助の熱意にうたれて、ついに、『20メートルなら、ちょう戦してみましょう』となったようです」

17才の少年と石工・三五郎との約そくは、三五郎のおいで、種山村 (現八代市) に住み、種山石工とよばれていた三兄弟が代わって果たすこととなりました。

あと10メートルの高さが欲しい

しかし、保之助は、どうしてもあきらめられませんでした。なんとか30メートルの高さにしてほしい。20メートルの高さでは、水が行きわたる田んぼの面積が半減してしまうからです。どうして保之助に、それが分かっていたのか? 石山さんはほほえみながら話してくださいました。 石山「保之助の父が、矢部手永のために地図を作っていたのです。伊能忠敬 (いのうただたか) が『大日本沿海輿地全図 (だいにほんえんかいよちぜんず) 』を公表する6年前には、すでにその地図は存在 (そんざい) していたようです。測量技術 (そくりょうぎじゅつ) を持っておられたようですね」

通潤橋

なんとか、あと10メートル高く水を上げることはできないのだろうか? 水を上に流したいが、水は下に流れるものなので無理なことなのか。このことを考え続け、ついに連通管を思い出します。 石山「ホースをU字型に曲げて水を入れると、左右は同じ高さになりますよね? 片方を下げると、水はふき上がります。保之助はこの原理をおう用しようと考えたのです。ただ、そんなに大きな管は存在していません。大きな木の箱を作って実験をくり返しましたが、水あつでこわれて、ことごとく失敗したようです」

現地の案内板

400年前の技術に着眼

それと同じく、種山石工チームもまた苦労していました。けわしい地形、重い石管や大量の水をささえる強度、20メートルという高さをどのようにこくふくすればよいのだろうかと、当時最高の技術者集団 (ぎじゅつしゃしゅうだん) をなやませる、とてもむつかしい問題へのちょう戦でした。そんなある日、チームのなかでも名工と言われた丈八 (じょうはち) がひらめきます。
「武者返し (むしゃがえし) だ…」
1590〜1610年ごろに作られた熊本城は、「武者返し」とよばれる美しい形の石がきの組み方をしています。
「これは単に見た目の美しさのためではなく、重い天守閣 (てんしゅかく) を弱い地盤 (じばん) でささえるために使わざるをえなかった石積みの技術ではないか?」
丈八は、それを見ぬきました。実に、400年前の技術に着眼 (ちゃくがん=目をつけること) したのです。

  • 熊本城
  • 石橋

千分の一勾配 (こうばい)

保之助は連通管作りにちょう戦しながら、30メートルの高さから水を流すため、新たに水路を開くことにしました。

石山「高い位置にある笹原川 (ささはらがわ) に水げんを求めました。その川は6キロも先にありました。山をけずり、谷をうめ、トンネルは7つほられています。しかも、千分の一勾配 (こうばい) を実げんしています。水が流れるためには勾配が必要ですが、水の高さを失いたくないために、傾斜 (けいしゃ=かたむき) はわずか千分の一という角度の水路をひらいたのです。100メートルで10センチしか下がらない勾配です。6キロでも6メートルしか水位が下がらない。高さへのこだわりですね。この勾配の精度 (せいど) は、いまの技術でも出せるかなと思うぐらいですね」

笹原川水げん
  • 取水口 (しゅすいこう=水のとりいれ口)
  • 取水口。三列の石のパイプの入口です。

宇和町の観音水と風景