第一話「火に焼けなかったお絵像」

第一話「火に焼けなかったお絵像」

今は昔 (『今昔物語』はどのお話もこの言葉からはじまります。むかしむかしの物語だよ...という前置きですね) 河内 (かわち) の国、石川の郡 (こおり) (いまの大阪府の南東の端あたり) に、八多寺 (やたでら) というお寺がありました。お寺のそばに貧 (まず) しい女がひとりぼっちで住んでいました。
女は夫にさきごろ、死に別れたばかりでした。

夫の亡 (な) くなったとき、女は、夫の供養 (くよう) に、阿弥陀 (あみだ) さまのお絵像をお寺へ奉納 (ほうのう) したいと思い立ちました。本堂に安置して頂 (いただ) いて、亡き夫のため、わが身の後世 (ごせ) のためお祈 (いの) りすれば、どんなに心が安らぐかしら、淋 (さみ) しさ、恋 (こい) しさも癒 (いや) されるにちがいない、と思うのでした。

...でもお絵像は絵師に頼 (たの) まなければなりません。それには、たくさんのお礼が要 (い) ります。
......どうやってそれを用意できるでしょう。
貧しい女は自分一人の身すぎがやっとなのです。月日はむなしくたって、秋になりました。たんぼでは稲刈り (いねかり) がはじまります。

刈り終えたたんぼに、落ち穂 (おちぼ) が散っていました。 (そうだわ!) 女はふっと気付きます。

(落ち穂を拾い集めて、絵のお代にしよう)

夢中 (むちゅう) で女は拾い集めます。一粒 (ひとつぶ) 一粒まで心こめて、阿弥陀さまを念じながら拾いつづけました。やっとたまった落ち穂を、女は絵師のもとへとどけ、おずおずと、かねての願いを口にしました。

絵師は快 (こころよ) く引き受けました。本当をいうと、袋 (ふくろ) いっぱいの落ち穂も、お絵像制作の代金には足りませんが、絵師は、女の純粋 (じゅんすい) な信仰心 (しんこうしん) 、けなげな心に打たれたのです。

「わかりました、それはご奇特 (きどく) なこと、私もあなたと心を合せ、阿弥陀さまを深く念じて、お姿 (すがた) を写しとどめたいと思います」

...やがて、阿弥陀さまの美しく尊 (とうと) いお姿が出来 (でき) あがりました。女は喜んですぐさま、八多寺の本堂に安置 (あんち) し、いつもうやまい、手を合わせて拝 (おが) んでいました。生きる拠 (よ) りどころがやっとできた思いで、女はもう、孤独 (こどく) ではなく、しあわせでした。

ところがある夜。

「火事だあっ。お寺が燃 (も) えているぞっ!」
という村人の叫 (さけ) び。村中の人々が消火しようとけんめいにつとめますが、火の勢 (いきお) いがつよく、みるみる、お寺は炎 (ほのお) に包 (つつ) まれます。

「阿弥陀さまが...お絵像が...」

女は泣きながら、火の中へとびこもうとして、人々にとめられました。あとでわかったことですが、盗人 (ぬすびと) が物を盗 (と) ろうとして、放火したのでした。

すっかり焼け落ちた本堂。......ところが白い煙 (けむり) のくすぶる中から、人々の叫びがあがります。

「お絵像は無事だったぞ! そら、きず一つ、おありにならず、焼け残ったぞ!」

女はかけ寄 (よ) ります。もとのままの、美しく尊いお姿がそこにありました。ふしぎだ! 奇蹟 (きせき) だ、あのほむらの中を紙に描 (えが) かれたお絵像が無事だったとは。...女はうれしくてものもいえず、泣きながら手を合せました。阿弥陀さまは、ほほえんでいられるようでした。誰 (だれ) いうとなく、ささやきがひろがります。女の深い信仰の心、絵師のうやうやしい気持、それらを仏さまは汲 (く) みとって下さって、ふしぎな験 (しるし) をみせて下さったのだ。苦労して落ち穂を拾い集めた、貧しい女の信心を、仏さまは憐 (あわ) れんで感応 (かんのう) して下さったのだ。...

夜あけの空に、人々のどよめきはしずまりません。そして村人たちもまた、尊いお絵像を拝み、信心のめでたい霊験 (れいげん) に感じ入るのでした。

田辺聖子のこんじゃく物語 TOP

第二話「赤い牝牛」