第八話「からくり童子」

第八話「からくり童子」

今は昔、高陽親王 (かやのみこ) と申上 (もうしあ) げるかたがいらっしゃいました。このかたは特別な才能 (さいのう) に恵 (めぐ) まれておられました。こまかな細工 (さいく) に長 (た) けた工芸家でいらしたのです。

からくりのしかけが、とてもお上手 (じょうず) でいらしたのですよ。

この親王は京極寺 (きょうごくじ) というお寺をお建てになったかたですが、このお寺の前の賀茂川河原 (かもがわかわら) にある田はお寺の領地 (りょうち) でした。

ある年、国中に日照りががつづいて、水が涸 (か) れ、どのたんぼも干 (ひ) あがって稲 (いね) の苗 (なえ) は赤くなりそうでした。高揚親王はいろいろ対策 (たいさく) を考えられました。遠くから水を引いてくるのも、たくさんの人手が要り、この炎天下 (えんてんか) では苦労なこと、みんなが喜んで水を運んでくれるにはどうすればいいか?

(うん、これでいこう!)

親王はおひざを打ってにっこりなさいました。

…まず、身の丈 (たけ) 四尺 (一メートル二十センチあまり) ほどの童子 (どうじ) (男の子) が両手に水桶 (おけ) を捧 (ささ) げて立っている人形を作られ、田の中に立てられたのです。さて、どんなからくりをしかけられたのでしょう。

「水桶に水を入れてごらん」

親王のお言葉で、人が童子の捧げ持つ水桶に水をいっぱい入れると、童子はそれを自分の顔へざぶりとかけます。人々はおどろき、また水桶に水を満たすと、童子の腕 (うで) はおのずと動いてまた顔へ流しかけます。

「こりゃ面白い。わはは」

「わしにもさせてくれ、こりゃ、たまげた」

「あたしにも、させてくださいな」

人々が面白がって水を汲 (く) んできては、童子の水桶に水を満たし、顔に流しかけ流しかけするさまを楽しみました。

このニュースはたちまち、京 (みやこ) じゅうにひろまり、かわいい水かけ童子を見ようと、人々は水を汲んで集まって来ました。童子がざぶりと水をかけると、人々は歓声 (かんせい) をあげ、手を叩 (たた) いて笑い、次々に水が桶にそそがれます。やがて水はしたたり落ちたんぼに水が張 (は) られました。

親王はそこで童子を取りのけられました。

またたんぼが乾 (かわ) いてくると、再 (ふたた) び童子を据 (す) えられます。

「今日は水かけ童子が出ているぞ!」

という声に、人々は水を汲んでたんぼへかけつけます。次々に水を満たすと童子はそのたびに水を顔にかけます。母の背 (せ) に負われた子供 (こども) も、それを見て指さして喜び、人々も飽 (あ) かずに楽しみました。

…そして再び、たんぼに水は満ちたので、お寺のたんぼは焼けずにすみました。

人を楽しませて水を運ばせる……という計画が成功したのは、親王のすぐれた細工上手のおかげと、みなみな、ほめそやしたそうです。

第七話「海からの贈り物」

第九話「猫怖じ大夫」