神と自然との調和として世界文化遺産に登録されたバリ島の田んぼと水利組しき・スバック

家の中のお寺

  • 屋敷寺1
  • 屋敷寺2

これは、イ・ワヤン・パニャースさんの家です。家の中にもお寺があります。家の中でも、最も神せいな場所とされています。

  • 井戸1
  • 井戸2

家の中庭には井戸がありました。この井戸から水をくんで、熱した後に、のみ水や料理に使うそうです。

バリの家1

バリの家はしん室、トイレ、キッチン、風呂などが別の建物となっています。

  • バリの家2
  • バリの家3

これは、イ・マデ・ルンダさんの家です。家のげん関は、はばが1メートルほどしかない、せまい入口です。これは邪霊 (じゃれい) が入ってこないようにするためだそうです。しかし、中に入ると、中庭はとても広くなっています。

  • 犬とニワトリ1
  • 犬とニワトリ2

犬とニワトリがいました。

高床式の倉庫1
  • 高床式の倉庫2
  • 高床式の倉庫3

イ・ニョマン・クドゥスさんの家の庭には、高床式 (たかゆかしき) の倉庫がありました。とれたお米は、この倉庫に保存されています。バリ島独特の束ね方で保存されています。

ネズミ返し

倉庫の柱は少し変わった形になっています。これは「ネズミ返し」と言って、柱を登ってきたネズミが、この上の倉庫に行くことができないように工夫したものです。

倉庫の下は、家ぞくや近所の人が交流する場です。これは、ココナツの葉で、そなえ物を作っているところです。

交流の場

用水路は、せんたくや沐浴にも利用

  • 用水路1
  • 用水路2

せんたく物を頭にのせて運び込み、用水路の水を使ってせんたくをします。

キッチン

ここは家の台所で、奥の部屋にかまどがあります。

  • ナシゴレン1
  • ナシゴレン2

インドネシアのきょう土料理のナシゴレンという食べ物です。ナシはごはん、ゴレンはいためるという意味だそうです。

オートバイ

オートバイで食料を売りにきていました。

農家の副業

  • 子豚
  • コーヒー

農家では、米作りをしながら野菜作りや、ブタのし育も行っています。

イ・ニョマン・クドゥスさんはコーヒーのさいばいを始めるそうで、二千本のなえが育てられていました。

200年の伝統を誇るスペイン・バレンシアの田んぼ