神と自然との調和として世界文化遺産に登録されたバリ島の田んぼと水利組しき・スバック

世界文化遺産 (いさん) に登録

  • スバック博物館1
  • スバック博物館2

バリ島の田園風景や寺院、スバックは2012年に「バリ州の文化的景観 : トリヒタカラナ (神と人と自然の調和) の哲学 (てつがく) を表現したスバック・システム」としてユネスコの世界文化遺産に登録されました。タバナン地区にはスバック博物館があり、伝統農具など農村文化について展示しています。

  • スバック博物館3
  • スバック博物館4

スバック博物館にてんじされていた、美しい稲の女神・デウィスリーの像 (ぞう) です。

加速する観光化

  • 観光化1
  • 観光化2

バリ島の田んぼは約8万ヘクタールとされています、毎年5%ずつ少なくなっています。ホテルやレストラン、みやげ物店などがふえて、農業をする人が少なくなっているようです。

イ・ニョマン・クドゥスさん

しかし、イ・ニョマン・クドゥスさんは、農業機械のカタログを見ておられました。バリ島の田んぼにも、変化のきざしはあるようです。

水に神が宿る島

バリ島は神がやどる島だと言われています。水にも神様がいて、水の神を大切にするという人びとの思いがスバックのつながりの強さになっています。

  • 寺院1
  • 寺院2

水の神を守る寺院があります。水源地 (すいげんち) の一つにあるタマン・アユン寺院は、まわりがほられており、そこに水がたくわえられています。この水は、田んぼへ流れていき、米作りに使われます。

  • ティルタ・ウンプル寺院1
  • ティルタ・ウンプル寺院2
バリスタイル3

米作りは神へのいのりと結びつき、農家の生活の土台となっています。

  • バリスタイル4
  • バリスタイル5
  • バリスタイル6
  • バリスタイル7

神と自然と調和 (ちょうわ) する米作りは、これからも、この島で受けつがれていくと思われます。

取材・文責:くぼたのたんぼかん理人

協力:I wayan badung (アスティ★バリ)

中島寧々 (アスティ★バリ)

200年の伝統を誇るスペイン・バレンシアの田んぼ