日本の3倍以上ものお米を食べる国。米をゆ出する大国ふっ活に向けて機械化を進めるミャンマーの田んぼ。

ミャンマー向けのコンバイン

コンバインロング

ミャンマーの気候は熱帯モンスーン型であり、雨季 (5月中じゅん〜10月中じゅんごろ) にはベンガル湾 (わん) からふくしめった南西モンスーンが雨をもたらし、乾季 (かんき=11月〜2月ごろ) には大陸からのかわいた北東モンスーンのために雨は非常に少なくなります。ちなみに、暑季 (しょき=3月〜5月中じゅんごろ) は大変きびしい暑さが続くそうです。

ミャンマーの稲作 (いなさく) 地帯であるヤンゴン周辺は、世界有数の米どころとなっています。7月ごろから田んぼに直接、種もみをまき、10〜11月ごろに稲かりとなります。

  • コンバイン正面
  • リール1

これは、ミャンマーで使われているコンバインです。日本のコンバインとは少しちがっていますね。気づきましたか。前の稲 (いね) をかり取り部分がリールとなっています。どうしてなのか、村田社長にお聞きしました。

村田「籾 (もみ) の外れやすさのちがいいです。籾が外れにくい日本のジャポニカ米は、日本で使用されているかり取り部がてきしたこうぞうですが、ミャンマーのように籾がはずれやすいインディカ米に対しては、このリールの方がより低ロスでのかり取りがかのうとなります」

インディカ米が多い東南アジアでは、このタイプのコンバインがスタンダードとなっています。

コンバイン真横
  • コンバイン倒伏
  • リール2

ほとんどたおれているような稲穂 (いなほ) も、このコンバインはとてもスムーズにかり取ります。

  • 藁の排出

わらは切りきざんで、後ろから出し、田んぼにばらまきます。

「機械が入って、便利になりました。良くなりました」

この田んぼの持ち主であるチョージアさんにお話をお聞きしました。チョージアさんは祖父母 (そふぼ) の代からの稲作 (いなさく) 農家です。まず、機械化についてのメリットについてお聞きしました。チョージア「機械が入って、便利になりました。良くなりました。工ていも時間も短しゅくされました。昔は機械が無かったので、かるのも時間がかかるし、人をたくさん使うので、人けん費もたくさんかかっていました」次に「米作りで一番楽しいのは、どんな時ですか」とお聞きしました。チョージア「米作りで楽しいのはしゅうかくのとき、いまの時間ですよ (笑) 。機械のおかげで早くかり取れるので、早くしゅう入を得ることが出来ます」

チョージアさん

コンバインの作業をご近所の方々が熱心に見つめています。

  • 見ている1
  • 見ている2

コンバインによる稲かりの様子を、ご近所の方々が熱心に見つめています。

  • 籾の排出1
  • 籾の排出2

コンバインのタンクにもみがいっぱいになったら、シートを広げた上にもみを出します。このもみは、ふくろにつめてオートバイなどでせい米所へ運びます。

藁飼料用

稲 (いね) かりの後に残ったわらが積まれています。これは、牛のえさにするそうです。

「機械代は、高くはありません」

チョージアさんに、機械の費用についてお聞きしました。

チョージア「機械代は、高くはありません。しかし、しはらい期間がローンなどを組むことによって3年とか、5年に出来ればもっと楽になると思います。もっと便利になり、機械もたくさん売れて、農家のためにもなると思います」

この後、クボタミャンマーのソーヨータさん、チョージアさん、そしてチョージアさんのお米を売るタンナイさんにせい米所、町の米こく店などを案内していただきました。

下の写真の右はし、オレンジ色のキャップをかぶっているのがタンナイさんです。

みなさんがつけているこし巻きはロンヂーという名前の民族衣しょうです。ミャンマーでは役所にも出かけられるフォーマルウェアとしてみとめられています。

ロンヂー

世界の田んぼレポート TOP

200年の伝統を誇るスペイン・バレンシアの田んぼ