日本の3倍以上ものお米を食べる国。米をゆ出する大国ふっ活に向けて機械化を進めるミャンマーの田んぼ。

ミャンマー農業のか題は「種とテクニック」

オートバイ

もみをオートバイでせい米所まで運び出すところです。せい米所は、車で5分ほどの場所にありました。

精米所

ここがトングヮ地区のせい米所です。タンナイさんに乾燥室 (かんそうしつ) やせい米機のある場所など、次々と案内していただきました。

ソーヨータさんにミャンマー農業のか題についてお聞きしました。すると「種とテクニック」が重要だということでした。種は種もみ、テクニックというのは、このせい米所での乾燥やせい米などのことのようです。

まず、種については品質をかん理することが重要です。米の種である種もみをきっちりとかん理していないと、ちがった種とまざってしまい、米の品しつが悪くなるそうです。

ソーヨータさんは、「本来ならヨーロッパにゆ出出来るはずのハイクオリティ米が、ロークオリティ米になって、価格 (かかく) が下がってしまいます」と話されました。

まず最初に、乾燥室を見せていただきました。ここでは、もみを自然乾燥させています。

乾燥室
乾燥機

これは乾燥機です。温風を送り込んで乾燥させます。日本と同じですね。

  • 計量1
  • 計量2

次に、乾燥させたもみを計量します。もみぶくろを計量器にのせます。後ろにいる男性が記録をしていました。

もみぶくろを運んでいる女性のほほを見て下さい。何かぬっているようですね。これは、日焼けをふせぐための化しょう品ということでした。

もみの重量が記録されると、もみぶくろをせい米機まで運び、せい米します。日本のもみぶくろは約30kgですが、このもみぶくろはなんと約50kgだそうです。かなり重いはずです。

せい米されたお米をふくろにつめています。

排出口
在庫の米

せい米されたお米がきっちりと並べられていました。

トラジ

これは、トラジとよばれている米を運ぶ車です。前についているエンジンは、もともと農業機械だったそうで、田んぼや畑の中にも入ることが出来るそうです。

にぎわう町の米こく店

市場

ここは、せい米所からさらに車で5分ほどの場所にあるトングヮの市場です。

  • 道路際のトラジ
  • 米屋への搬入

市場の米こく店にお米を運びます。

米こく店の中の様子です。

米屋
米屋計量

お米はこのようにカップに入れて計ります。これをビニールぶくろに入れてもらい、持ち帰ります。

  • 米屋と油

世界の田んぼレポート TOP

200年の伝統を誇るスペイン・バレンシアの田んぼ