ザリガニのカルシウムリサイクル術ってどうやるの?

アメリカザリガニ
アメリカザリガニ
  • 科目: エビ目アメリカザリガニ科
  • 体長: 約100mm
  • 成体を見ることができる時期: 4月~11月
  • 冬越し: 成体 (冬眠)
  • 漢字: 亜米利加蝲蛄
  • 田んぼでの愛称: 田んぼの王者

胃石を作ります

ザリガニは鎧のように硬い殻で覆われています。この殻は炭酸カルシウムが約47パーセントで、キチン質が約34パーセント。つまり約半分がカルシウムでできています。ザリガニは脱皮しますが、そのときにこのカルシウムをリサイクルします。方法は、まず脱皮する前に殻からカルシウムを回収して胃にたくわえます。このとき集められたカルシウムの塊を胃石 (いせき) といって、長さはおよそ6~7mmぐらいになります。カルシウムを抜かれた殻はふにゃふにゃになり、脱皮もしやすくなります。そして脱皮のあとに、新しい殻にこの胃石にたくわえたカルシウムを送り込んで硬くします。こうしてカルシウムをリサイクルしています。

アメリカザリガニ

ザリガニは稲をかじり、水底に穴をあけて巣をつくるので農家の人にはきらわれていますが、子供には人気があります。驚くほどの雑食で、人間が食べるものなら何でも食べるくらいです。魚やカエルの死体でも食べます。怒るとハサミを大きく広げて威嚇します。あまりにも怒りすぎると広げすぎてひっくり返ります。

アメリカザリガニは、田んぼが大好きです。それには深い理由があります。アメリカザリガニはもともとミシシッピー川に住んでいたんですが、昭和の初め頃に食用のウシガエルのエサとして20匹が日本に輸入されました。その最初の20匹が全国に広がりました。ふるさとのミシシッピー川はザリガニを食べるウシガエルやサギ、ワシ、キツネ、ワニなどの天敵が数多く住んでいますが、日本の田んぼにはあまりいませんので、アメリカザリガニにとってパラダイスです。ふるさとの友達を呼んであげたいくらいでしょう。

産卵期は4月から11月頃、水温が14度から30度ぐらいまでの間で、1度におよそ200~300個の卵を産みます。孵化したザリガニは4mmぐらいの大きさです。7~8回の脱皮を繰り返して、穴に潜って冬眠します。その後、春に目覚めて、さらに2、3回脱皮して成体となります。寿命は長くて3~4年ほどです。

釣り方は、スルメやニボシを糸で吊しててザリガニのいるところに垂らします。大きなハサミではさんできたら、すばやく引き上げ、下から網ですくいましょう。

ゲンゴロウはどうして水中で呼吸できるの?

スズメがしゃべれるってほんと?