ゲンゴロウはどうして水中で呼吸できるの?

シマゲンゴロウ
シマゲンゴロウ
  • 科目: 甲虫 (コウチュウ) 目ゲンゴロウ科
  • 体長: 約14~15mm
  • 成体を見ることができる時期: 4月~10月
  • 冬越し: 成虫
  • 漢字: 縞源五郎
  • 田んぼでの愛称: 田んぼの快速艇

空気タンク方式です

水生昆虫の水中での呼吸術には空気タンク方式とシュノーケル方式の2種類があります。ゲンゴロウは空気タンク方式で、羽と腹の間に空気を溜めておき、おしりに空気の泡をつけて、これを通して水中の酸素を羽の下の空気に取り込みます。息をする穴 (気門) は腹の背中側に開いています。

タガメはシュノーケル方式で、おしりにシュノーケルのような呼吸のための管があり、これを水面に突き出して空気を吸っています。水中を泳ぎまわって獲物をとるゲンゴロウと違って、待ち伏せ方式のタガメらしい呼吸術です。

シマゲンゴロウ

源五郎ってなんだか、人間の名前のようですね。きれいな水を好み、大食いで、死んだ魚なども食べるので、田んぼではそうじ名人とも呼ばれています。

ゲンゴロウのメスは水草の茎をかじって穴を開け、そこに産卵します。卵は約2週間で孵化します。幼虫もやはり肉食性。というか、幼虫のほうが成虫よりも獰猛で、昆虫、オタマジャクシ、メダカなどを捕まえて食べます。大きな牙で獲物に噛みついて、牙にある管から消化液を流し込み、肉をとかして吸い取ります。クモと同じ方式ですね。2度脱皮してから陸に上がり、土の中に部屋を作ってサナギになります。それから約2週間後に羽化して成虫になります。

匂いに敏感で、獲物の匂いを感じるとこの流線型の体型をいかしたハイスピードで急接近して、おおきな牙で噛みつきます。飛ぶことも得意ですが、木登りや地上を歩くことは苦手のようです。

クモは羽がないのに空を飛ぶってほんと?

ザリガニのカルシウムリサイクル術ってどうやるの?