ミミズを二つに切断したら2匹になるってほんと?

ミズスマシ
ヤマトヒメミミズ
  • 科目: ミミズ目ヒメミミズ科
  • 体長: 約10~15mm
  • 成体を見ることができる時期: 一年中
  • 冬越し: 成虫
  • 漢字: 大和姫蚯蚓
  • 田んぼでの愛称: 田んぼの耕耘機
    (ヤマトヒメミミズはまだ田んぼでは発見されていませんが、
    いちおう愛称をつけてみました。)

それが、なんと本当なんです!

農林水産省東北農業試験場の中村好男さんが発見したヤマトヒメミミズがこの分身の術を使います。日本で初めての貴重な発見です。

ヤマトヒメミミズは成長して体長が1cmぐらいになると1mmほどの10の断片に分裂します。その断片に頭や尻尾が生えて、約4日で10匹のミミズになります。まさに分身の術、驚異的な再生能力ですね。そして、10日ほどたって、また1cmぐらいになったら、ぶちぶちと切れはじめます。人間がカミソリでもっと小さく切っても、やはり再生するそうです。現在、中村さんが飼育している、最初に発見したヤマトヒメミミズは、80回以上の分裂を繰り返しているそうです。不死身なんでしょうか?

ヤマトヒメミミズ

田んぼで見かけるミミズの役割は土を耕していることです。ミミズは土を食べて、飲み込んだ土を粉々にします。また、落葉や地中に残る腐った根も食べて、この粉々の土と混ぜて排泄します。また、土のなかにトンネルを作ることにより、通気性が良くなり土の深い場所まで酸素が供給されます。人間が鋤で土を細かく砕き、肥料を混ぜるのと同じことをしているわけで、つまり、土を耕しているわけです。田んぼの畦にミミズがトンネルを作ってしまい、水が抜けてしまうこともありますが、ミミズの害と益では、益の方がずっと大きいのです。

ビーグル号に乗って世界一周航海をした19世紀のイギリスの学者、進化論で有名なチャールズ・ダーウィンもミミズが大好きだったようで40年以上も観察していました。「鋤は人類が発明したもののなかで最も価値あるものの一つだが、実は人類が出現するはるか以前から、土地はミミズによってきちんと耕されてきた」という言葉を残しています。ダーウィンが最後に書いた本のタイトルは「ミミズの作用による肥沃土の形成とミミズの習性の観察」というものでした。

ミミズは100~150ぐらいもの体節が連なる細長い紐状の生き物です。産卵数は意外に少なく、シマミミズは年間11個、赤ミミズは74個という報告があります。成熟するまでにはほとんどの種類が1年以上かかるようです。ヤマトヒメミミズのような増え方は、ヤマトヒメミミズしかしません。皆さん、これまでに知られているミミズは分身の術を使わないので、切断実験をしても再生しませんからご注意を。

ミズスマシはなぜ4つも目があるの?

メダカの群はどうしてお互いにぶつからないの?