デンキウナギは何ボルト出せるの?

ウナギ
ウナギ
  • 科目: ウナギ目ウナギ科
  • 体長: 約600~800mm
  • 成体を見ることができる時期: 一年中
  • 冬越し: 成体
  • 漢字: 鰻
  • 田んぼでの愛称: 田んぼの健康スタミナ食品

370~550ボルトです

デンキウナギは体の中に小発電器官と大発電器官を持っています。小発電器官の起電力は約20~30ボルトで、レーダーの役割をしていたり、コミュニケーションに利用しているという説もあります。

大発電器官は魚などをしびれさせて捕まえるために発電し、その電力は370ボルトから550ボルトくらいと言われています。電気は頭 (+) から尾 (-) へ流れます。家のコンセントから供給される、テレビを見たりする電力が100ボルトですから、大変なパワーですね。 日本の田んぼにはデンキウナギはいませんのでご安心ください。

ウナギ

昔は田んぼにたくさんウナギがいたそうです。外洋の深海で孵化して、川に戻ってきたウナギは、カエルやオタマジャクシを食べに田んぼにやってきていました。そして、人間はそのウナギを食べていました。ウナギは人間にとって大変なスタミナ健康食品です。

ウナギには、脳の働きを活発にすると注目されているDHA(ドコサヘキサエン酸) やビタミンA、B1、B2、D、Eなどがたくさん含まれています。「夏痩せによしといふものぞむなぎ (うなぎ) とり召せ」 (夏やせしているのならウナギを食べて下さい) と万葉集で大判家持が詠んでいるように1000年以上も前からスタミナ食品として有名でした。「本日土用丑」 (旧暦8月のはじめの土用の丑 (うし) の日に、夏ばて対策にうなぎを食べよう!というキャンペーン) は江戸時代の科学者・平賀源内の発案と言われています。

ウナギは淡水で生活していますが、7~8年を過ぎると川を下って海に出て産卵します。この産卵場はマリアナ諸島付近の海中とも言われていますが、まだ正確にはわかっていないようです。卵が孵化すると黒潮にのって、12月~4月頃に日本にたどり着き、川をさかのぼって、田んぼにやってきます。ときには水から出て陸の上を這って移動することもあります。水中ではエラ呼吸ですが、水から出た場合は皮膚呼吸に切り換えることができます。滝やダムの壁も登れます。これを昔から「ウナギ登り」といいます。凄い移動能力の持ち主でこのパワー、このファイト、さすがスタミナ食品と言えるでしょう。

タガメの狩猟方法は?

ドジョウは魚なのに空気呼吸しているってほんと?