ドジョウは魚なのに空気呼吸しているってほんと?

ドジョウ
ドジョウ
  • 科目: コイ目ドジョウ科
  • 体長: 約150mm
  • 成体を見ることができる時期: 4月~9月
  • 冬越し: 成体 (冬眠)
  • 漢字: 泥鰌
  • 田んぼでの愛称: 田んぼのそうじ名人

じつは、違います

ドジョウを探すときは水面に出る泡を探せば見つかります。ドジョウは水面まで上がって、口から空気を吸い込み、二酸化炭素の泡をお尻からぽこぽこ出します。これが、長い間、腸でガス交換をしている、つまり呼吸していると考えられてきました。しかし、本当はこの空気を利用して、ドジョウは腸のなかを掃除しているようです。皮膚呼吸ができるので、冬の寒いときは、泥に潜って冬眠することができます。ご覧ののドジョウは田んぼで産卵中です。とてもめずらしい写真です。

ドジョウ

体長は15cmぐらいで田んぼの底の泥のなかに住んでいます。カブトエビと同じく泥を掻き回して雑草の生育を邪魔したり、稲の根に酸素を送り込んだりと、稲作りを手伝っています。藻類や赤虫、小動物まで食べる雑食性で、田んぼのそうじ名人でもあります。ユーモラスなドジョウの10本のヒゲは餌を探すときのセンサーとして機能しています。

ドジョウは田んぼからとれる貴重なタンパク源でした。みそ汁に入れたドジョウ汁やかば焼き、ゴボウと一緒に煮る柳川、バター焼き、唐揚げ、茶碗蒸しなどさまざまな料理が発明されています。川や池にいるものより、田んぼやその周辺の用水路にいるものの方がおいしいとされています。ドジョウの産卵は4月から7月頃が盛んで、その頃が味も旬とされています。

田んぼに張った氷をドジョウが見て、なんだろうとさんざん考えたあげく「わかった、これは天井だ」。これは昔の歌のなかのお話。さまざまな歌にユーモラスに登場するドジョウは、米作りをする人にとって、とても親しみを感じる生き物だったようです。

デンキウナギは何ボルト出せるの?

トンボの複眼は上下左右前後すべて見えているってほんと?