田んぼのギャング、これがトビイロウンカだ

トビイロウンカ
トビイロウンカ
  • 科目: カメムシ目ウンカ科
  • 体長: 約4~6mm
  • 成虫を見ることができる時期: 6月~9月
  • 冬越し: 成虫 (日本ではなくアジア大陸で冬越ししています。)
  • 漢字: 雲霞
  • 田んぼでの愛称: 田んぼのギャング

ウンカは、稲の葉や茎から汁を吸って枯らしてしまう、田んぼの悪役のナンバーワンです。繁殖力が旺盛で、まず田んぼの一部に穴を開けたように稲を枯らし、ひどいときには田んぼを全滅させてしまうおそろしい害虫です。

ウンカにはセジロウンカ、ヒメトビウンカ、トビイロウンカの3種類がいます。セジロウンカは「夏ウンカは肥やしになる」という諺があるくらいで、そんなに害はありません。やっかいなのがトビイロウンカです。鳥の鳶 (とび) によく似た茶色なのでつけられた名前です。秋に繁殖して被害をもたらすことから秋ウンカとも呼ばれています。漢字で書くと「浮塵子・雲霞」。いかにも増えそうな字面 (じづら) ですね。

江戸時代の享保や天保の大飢饉を引き起こした原因の一つだと言われています。この時代は、ウンカがどこから来るのかは謎でした。

ウンカは寒い日本では冬を越すことができず、アジア大陸で冬を越して、毎年6月から7月に、梅雨前線の気流に乗ってわざわざ飛んできます。雨上がりに田んぼに行くと見られるかもしれません。ご覧のようにセミを小さくしたような形をしています。

この害虫を迎え撃ち、食べてくれるのがクモやカエル、トンボ、アメンボ、スズメなどの生き物です。最近ではこの害虫の天敵として、虫を食べるカメムシが研究されているようです。

田んぼで出会える生き物たち TOP

アメンボはどうして水の上を歩けるの?