クモは羽がないのに空を飛ぶってほんと?

セスジアカムネグモ
セスジアカムネグモ
  • 科目: クモ目サラグモ科
  • 体長: 約2~3mm
  • 成体を見ることができる時期: 4月~10月
  • 冬越し: 卵もしくは幼体
  • 漢字: 背条赤胸蜘蛛
  • 田んぼでの愛称: 田んぼの猛獣

本当です

それでは、クモの飛行術を紹介します。田んぼでは、小さなセスジアカムネグモが稲の葉の先で逆立ちをしているのが見られます。何をしているのかなと見ていると、クモは尻のあたりから空に向けて糸を流します。そして次の瞬間、風に舞い上げられた糸に引かれて、アッという間に空中に飛び去ります。これは新天地をめざして飛翔するときの大技で、子グモが実行します。この行動はバルーニングと呼ばれています。バルーンは風船のことです。

セスジアカムネグモ

クモはウンカやツマグロヨコバイなどの害虫を食べてくれるので農家の人は大切にしています。ウンカは夕方によく飛ぶので、セスジアカムネグモはちゃんと夕方に網をはります。夏の朝、朝露できらきらと光っているクモの巣を見かけたら、田んぼを守っているんだなと思ってあげてください。

クモは足が8本あり、昆虫ではありません。すべて肉食で、猛獣のようです。空中の罠である網に獲物がひっかかったら、その振動を足でキャッチして獲物に駆け寄り、おしりの近くからさらに糸を出してぐるぐる巻きのミイラ状態にします。次に牙を立てて毒液を注入し、麻痺させて体液を吸います

クモの巣にクモ自身はひっかかりません。クモの糸には、ねばねばした液体がついているものとそうでないものがあって、クモはねばねばしない方を歩くからです。口から糸を吐きかけたり、足で糸を投げてガを捕まえたり、いろいろな必殺技を持つクモがいるそうです。クモの糸の成分はタンパク質で、網を張り替えるときには、古い網を食べてリサイクルします。

カメは1万年も生きられるの?

ゲンゴロウはどうして水中で呼吸できるの?