奈良時代710年から794年

奈良時代

奈良時代における国家の繁栄はめざましいものでしたが、粗・庸・調や労役の負担に苦しむ農民のなかには、口分田や家を捨てるものが増えてきました。また人口も増加したので、722年 (養老6年) 、朝廷は田地を増やすために百万町歩開墾計画をたて、723年 (養老6年) には、三世一身法を出して開墾をすすめました。さらに、743年には墾田永世私有令をだしました。

墾田永世私有令 743年 (天平15年)
開墾した個人が田を永久に所有できることになりました。これは、律令制度の土地公有の原則を破る重大な改革でした。この結果、有力な貴族や寺社は先を争って開墾を始め、私有地である荘園が広まっていきます。

奈良時代には田植えが本格化します。人々は手強い雑草であるヒエと戦いを続けるうちに、水田の雑草を抜いてから、別の場所で大きく育てた稲を植える方法を編み出しました。こうすれば、次のヒエが芽を出したときには稲はもう大きくなっています。田に平均して育てることもでき、倒伏も少なくなります

農地を広げるために地方への進出が繰り返されました。稲栽培を稲にむかない寒い土地に少しでも広げようとしたため、結果的には寒さに強い品種が開発されました。

田んぼの面積は、現在の3分の1である100万ヘクタールに達していたようです。

飛鳥・白鳳時代

平安時代