鎌倉時代1192年から1333年

石器時代

朝廷が地頭を設置して警察権と年貢徴集権を主張するなど、荘園の権利関係が複雑になるなかで、貴族や寺社の支配は弱まり、形式化し、実際上の支配は、もともとは農民である武士 (在地領主・開発領主・根本領主) の手中に移っていきました。
米を持つものは富と権力を持ちました。武士が天下を支配できたのは、この頃の武士が米の生産者でもあったからです。

鎌倉時代には、生産高も大きく伸びました。領主が税である米を早く手に入れようとして、早米を作らせたという記録もあります。
普通の農家でも、牛や馬の力を利用して土地を耕す傾向が見られるようになりました。水田に水を引くために水車が使われ、金属製の鎌 (かま) 、鍬 (くわ) 、鋤 (すき) などを専門に造る鍛冶も生まれました。案山子 (かかし) もこの頃に登場しています。

平安時代

室町時代