田起こし使っている鍬はつねに光る

田起こし

現在、私たちが目にする田んぼは乾田と言われるもので、稲刈りの後は水がありません。ところが明治時代の初期までは、1年中水を湛えた湿田がほとんどでした。湿田では、重い風呂鍬を振り上げて泥水をかぶりながら、田んぼの土を掘り起こす田起こしをします。大変な重労働でした。

明治時代になると乾田馬耕 (かんでんばこう) が奨励されます。乾田とは、秋に田んぼの水を抜いて乾かし、春に深く耕して肥料を入れることによって地力を向上させ、収量を増やす方式です。深く耕すためには従来の人力による鍬での田起こしでは対応できないため、牛や馬の力を用いる馬耕とセットで奨励されました。「乾田馬耕」により、収量は倍近くになりました。また、乾田化することで、稲刈りの後に麦などを栽培する裏作が可能となりました。

乾田では土が硬くなっていますので、まず土を掘り起こす荒起こしを行います。深さ20cmくらいまでの土を、細かく砕きます。鍬での荒起こしもまた大変な重労働です。使い込まれた鍬は土との接触で磨かれ、よく光ります。仕事が丁寧な人の鍬ほどぴかぴかに光っていたのでしょう。

明治後期に入ると馬耕用の犂 (すき) が使われます。堆肥を田んぼ一面にまいてから、牛や馬に犂を引かせて土を起こします。昭和三十年代になって動力耕うん機が普及し、機械化されました。

伝統農具の紹介

  • 鍬笊
鍬笊 (くわざる)

湿田で田んぼを起こすとき、泥の跳ね上がりを防いで作業をしやすくするために鍬の柄に取り付けた笊 (ざる) です。

写真提供:
渡部景俊「農を支えて-農具の変遷-」
(秋田文化出版刊)

  • 大足
大足 (おおあし)

土の固まりを崩し、稲の切り株や青草などを田に踏み込むために使います。この踏み込まれた肥料を苅敷 (かりしき) と言います。泥の中に沈めることにより早く腐って肥料になります。大足は片方だけで1kg近くもあるため、縄で持ち上げます。手と足の同調が難しく、コツがいります。

写真提供:
渡部景俊「農を支えて-農具の変遷-」
(秋田文化出版刊)

  • 備中鍬1
  • 備中鍬2
備中鍬 (びっちゅうぐわ)

乾田や粘質土の田んぼを深く耕す鍬です。刃を又状にして土との接触面積を少なくし、土がくっつきにくくなっています。三つ刃、四つ刃などの種類があり、より深く耕すために長い刃を付けた種類もあります。

長さ290mm・高さ1230mm・奥行き180mm

  • 踏鋤1
  • 踏鋤2
踏鋤 (ふみすき)

踏鋤は主に、粘質土や土壌水分の多い湿地などの深耕用に使用された農具です。足の力を使うめずらしい農具と言えます。踏みやすいように肩の部分が工夫されています。

長さ148mm・高さ865mm・奥行き40mm

  • 長床犂・唐鋤1
  • 長床犂・唐鋤2
長床犂・唐鋤 (ちょうしょうすき・からすき)

犂 (すき) は主に牛や馬に引かせて田畑を耕すのに用いる農具です。犂先で土を掘り進みます。犂床 (すきどこ) の構造によって無床犂 (むしょうすき)、長床犂 (ちょうしょうすき)、短床犂 (たんしょうすき) の3種類に分けられます。

最初に作られたのは無床犂で、犂床が無いため深く耕すことができます。しかし、安定が悪く操作しにくいために犂床を付け、これが長床犂となります。耕す深さも一定にできます。また、長い犂床を引きずることにより田面を平らにならして水漏れを防止する効果もあり、長い年月にわたって使われました。

唐鋤の唐は、中国から伝来してきた「新しい物」を意味します。

長さ2520mm・高さ910mm・奥行き234mm

  • 短床犂1
  • 短床犂2
短床犂 (たんしょうすき)

明治時代の乾田馬耕の奨励と共に、犂がさらに工夫されるようになりました。長床犂と無床犂の両方からのアプローチで短床犂が開発され、各地でさまざまな工夫がこらされ、大正時代に高い完成度をみました。扱いやすく、しかも深く耕せるように、刃先や取り付け角度に工夫がこらされています。日本の農家によってなされた世界に誇るべき大発明と言えます。昭和30年代に動力式耕うん機が普及するまで活躍しました。

長さ1550mm・高さ1100mm・奥行き155mm

耕うん機 (昭和22年)

コラム 鍛冶はオーダーメイドで

鍛冶はオーダーメイドで

鍛冶職人は定住をしないで、農村を巡回して農具の修理をしていました。近世になって農業技術や農具の発達による開田が盛んになるにともない、仕事が忙しくなり、やがて村々に定住して鍛冶場を持つようになります。

鍬を使う農民の体格や、土の硬さなどを考えて柄の角度を変えたり、農民の側の「こういうものができないか」とか「こう変更してもらいたい」などのリクエストに応えて、丈夫で使いやすい物をと工夫しました。「鍬は国々にて三里を隔ずして違ふものなり」と言われるのは当然で、一人ひとり違うものを持っていたとさえ言えるかもしれません。

種籾 (たねもみ) の選別と種まき

畔塗り (くろぬり)