籾の選別篩にかける (ふるいにかける)

選別

脱穀した籾には、稲の葉や藁くずが混ざっています。これをさまざまな方法で取り除きます。風の力を利用する方法が風選 (ふうせん) です。風が吹くときに、籾と藁くずが混ざったものを高いところから少しずつ落とします。重い籾は下に落ちますが、軽い藁くずやゴミは遠くに飛ばされます。風が無いときは、筵 (むしろ) や団扇 (うちわ) 、農業用扇風機などで風を起こしました。

明治時代になると人工的に風を起こし、籾や藁くずなど、それぞれの重さごとに選別する唐箕(とうみ)が中国から伝えられました。風選の原理を応用したもので便利な装置です。一般の農家に広く普及したのは大正時代と言われています。

伝統農具の紹介

  • 箕1
  • 箕2
箕 (み)

籾と藁くずを選別します。ただ煽っただけでは籾も藁くずも一緒に跳ねるだけです。下から横U字型を描くように動かすなどのコツがあります。また、籾や玄米を運んで俵に詰めたり殻類を干すときにも使われ、無くてはならない農具でした。竹や藤の皮などで編まれています。

長さ738mm・高さ197mm・奥行き650mm

  • 籾篩1
  • 籾篩2
籾篩 (もみふるい)

脱穀した籾をすくいとって、両手で持って篩います。籾は篩の目から落ち、切れた穂や藁くずなどが篩の中に残ります。篩による籾の選別は少しずつしかできず、根気のいる仕事でした。

長さ725mm・高さ135mm・奥行き725mm

  • 籾篩1
  • 籾篩2
淘り板 (ゆすりいた)

上部よりつり下げ、揺することによって籾と玄米や、砕米などを選別しました。早く選ぶことができたそうです。

長さ670mm・高さ135mm・奥行き925mm

  • 籾篩1
  • 籾篩2
万石通し (まんごくとおし)

篩 (ふるい) の機能をさらに発展させたもので千石通し (せんごくとおし) とも言われました。木枠に金網を張った大きな篩を傾斜状にして、選別したい混合物を流し落とします。網目より小さいものは下に落ち、大きいものは下まで到着します。

籾と玄米の選別や、玄米中のくず米や精米中の砕け米の除去など、網や傾斜角度を替えてさまざまな選別に利用されました。傾斜角度の調節には熟練を要しました。

長さ700mm・高さ1250mm・奥行き1460mm

  • 籾篩1
  • 籾篩2
農業用扇風機 (のうぎょうようせんぷうき)

手で回す扇風機です。羽根が大型で、かなり強い風を起こすことができます。農作業の合間に、涼むためにも利用していたに違いありません。

長さ730mm・高さ1070mm・奥行き480mm

  • 籾篩1
  • 籾篩2
唐箕 (とうみ)

風の力でさまざまな選別ができる便利な農具です。籾や玄米を供給するための漏斗 (ろうと)、手回しハンドルで羽根車を回転させて風を送る起風胴、選別風胴、そして選別口からできています

漏斗から落とされた混合物は、起風胴から送られた風により、重さによって選別されます。例えば第一口には玄米や籾のような重い物、第二口には比較的軽いくず米など、そして第三口は藁くずや籾殻などの軽い物が吹き出されます。羽根は一定の速さで回さないと選別にむらが出ます。

東日本型と西日本型があるほか、地域によって形態に違いが見られます。西日本の唐箕は全体として横長、支える脚が4本ですが、東日本では縦長で多脚型となります。羽根の材質や回転を助ける歯車の導入などによって、次第に小型化したようです。写真のものは西日本型です。

長さ1670mm・高さ1380mm・奥行き567mm

唐箕 (とうみ) 断面図

コラム 箕 (み) とかぐや姫

かぐや姫

1日で80~100cmも成長するのに中は空洞になっている竹は、昔から不思議なパワーを秘めている植物とみなされてきました。月のお姫様・かぐや姫も竹から生まれます。この竹で作られる箕 (み) もまた縁起の良いものとして、飾り物としても愛用されました。

脱穀

籾摺り (もみすり)