6月5日 (種まきから35日目)田植え

  • 稲 実寸大稲 拡大
  • 田んぼの写真田んぼの写真
  • 苗の写真

 

お引越しのお祝いです

田植えは、苗代田で育てた稲の苗を、実際に稲を育てる田んぼに移植することです。稲の栽培では、田んぼに種籾をまいてそのまま育てる直播栽培 (ちょくはんさいばい) と、苗代田や育苗ハウスで育てた苗を移植する移植栽培の2つの栽培法があります。現在では、移植栽培が主流です。移植栽培には、次のような目的・効果があります。

  1. 苗代田で苗を育てた方が、良い苗を均一に育てることが出来ます。広い田んぼで育てるより、狭い苗代田の方が保温・水管理・施肥・病害虫駆除などの管理が徹底して行えるからです。
  2. 雑草を防除出来ます。12~15cmに育ててから苗を移植しますから、田んぼに水を溜めておくことが出来ます。水が溜まっていると、多くの雑草が、芽を出すことが出来ません。
  3. 早期栽培が行えます。苗代田では、保温がしっかり出来ますから、春まだ早いうちから人工的に良い環境を整え、早く苗を育てることが出来ます。夏の暑い盛りに開花して、光合成が盛んに出来るようにスケジュールを組むことが可能です。
  4. 種籾ではなく、苗を植えますから、鳥に食べられる心配がありません。
    トラクタの後部に装着された代掻きハローが、田んぼのデコボコを無くして、水平に均平作業を行います。
均平作業4

昔は、乱雑植えでしたが、明治30年代に、苗の列や株間の距離を整えて植える正条植えが取り入れられました。そのため、代掻きをして平らにした田んぼの土に縄を張ったり、写真のような田植枠を転がして目印を付けます。

均平作業5

目印にそって、整然と植えます。株の間隔が揃い、稲にむらなく日があたり、風通しもよくなり、除草作業の能率も上がって収穫量が増えました。

稲刈りを短期集中的に行うためには、稲の生育を揃える必要があります。田植えは近所の人が助け合って、大人数で集中的に行いました。現在では、田植機を使用して、決められた期間内に整然と植え付けを行うことが出来ます。

田んぼの準備が完了し、苗の草丈が12~15cm、本葉が3.5~5枚ぐらいになったら、いよいよ田植えです。また、水温・気温等の条件が整う必要もあります。春先は天候が変わりやすいので、毎年、天候などの条件を検討して田植えの日を決めます。
田植機には、歩行式と乗用式があります。ここでは乗用式田植機による田植えと肥料散布について紹介します。

塩水選で取り除かれた軽い籾
塩水選で取り除かれた軽い籾

田植機を田んぼまで運びます。田んぼに合った植え付けの深さ、株の間隔、植え付け速度などを設定します。

  • 均平作業5
    苗代田から育苗箱ごと取り、苗を田んぼまで運びます。
  • 均平作業5
    苗の上に手袋を置いても折れないほど、堅く育っています。
  • 均平作業5
    育苗箱ごと、畦に並べます。
種籾1
種籾2
種籾3
種籾4

苗を田植機にセットします。苗の端を掴んで少し持ち上げます。苗と育苗箱の間に「苗取りボード」を差し込みます。根が強く張り、育苗箱の底の小さな穴から這い出している状態で、手で取るにはかなりの力を要しますが、この苗取りボードを使用すれば、わずかな力で取ることが出来ます。
このとき、苗は断根されます。その後、新根により活着します。

 

活着は田植えの後、新しい根が出て田んぼに根付くことです。

30日目・代掻き

40日目・深水管理