6月5日 (種まきから35日目)田植え

田んぼに水を入れる

苗取りボードごと持ち上げます。田植機用に、育苗箱を用いて育成したこの状態の苗を「マット苗」と言います。

  • 苗のせ台1
  • 苗のせ台2
  • 苗のせ台3

田植機の「苗のせ台」と「予備苗のせ台」に苗をのせます。

肥料ホッパ

「肥料ホッパ」に、肥料を入れます。これで準備完了です。

田植えが開始1

田植えが開始されました。

田植えが開始2

田植機が通った後に、苗が等間隔に、規則正しく植え付けられていきます。一般的には、15~18cm間隔で、1カ所に苗3~4本を植え、1株とします。

植え付け爪1

この、平行した二本の「植え付け爪」が、苗のせ台の苗を掻き取ります。現在は水平になっています。苗を掻き取る前の状態です。

植え付け爪2

植え付け爪が、掻き取った苗をこの溝に沿って上から下に引き下ろし、植え付けます。

  • 植え付け爪3

植え付け爪が下に下がり、掻き取った苗を植え込んだ状態です。

  • 植え付け爪のイラスト1
  • 植え付け爪のイラスト2
  • 植え付け爪のイラスト3
折植え付け爪の回転

かなりのスピードで回転しています。最高作業速度は1.85m/秒の田植機もあります。時速にすると約6.7kmで、かなりのハイスピードで田植えが行われます。

順調な田植え

田植えは順調に進み、苗のせ台の苗も順調に減ってきました。苗のせ台の苗は、均等に減っています。これは、苗のせ台が左右に動くからです。

30日目・代掻き

40日目・深水管理