6月25日 (種まきから55日目)水と肥料によるコントロール

  • 稲 実寸大稲 拡大
  • 田んぼの写真田んぼの写真
  • 稲の写真稲の写真

 

肥料には、草木・藁・鶏糞・牛糞などの
有機物で作られた有機質肥料と、栄養素を合成した化学肥料があるんだって。

  • 肥料
  • 牛
  • 肥料2

稲に必要な主な養分は、チッソ、リン酸、カリ、マグネシウム、カルシウムです。他にも微量要素として鉄、マンガン、亜鉛、銅、ホウ素、ケイ素などが必要ですが、これらの微量要素は山から引いてくる水に含まれているため、とくに肥料として与える必要はないようです。自然の恵みです。

稲が伸びる条件には「光・温度・水・肥料」が関係します。「光・温度」の天候はコントロール出来ません。コントロール出来るのが「水・肥料」です。
肥料と水が豊富にあれば稲はいくらでも伸びますが、伸び過ぎも良くありません。例えば、田んぼに葉が茂りすぎると、下の葉に日光があたらず、お米を作る力は落ちます。また、草丈が伸び過ぎると、倒れやすくなります。どちらかと言うと、小柄でがっちりとした、元気な稲が良いわけです。

 

田植えの前に施す元肥 (もとごえ) と、
田植えの後に追加で施す追肥 (ついひ) があります。

肥料が効きすぎて伸び過ぎという場合には、水を落として田んぼを干し、稲が肥料を吸収出来ないようにします。

  • 田んぼ
  • 田んぼ2

肥料が不足している場合は、田んぼに色むらが出来ます。
肥料切れになった稲の葉の先から、色が抜けてきます。こんな場合は追肥を施します。
毎年違う天候に臨機応変に対応して、稲の生育を水と肥料でコントロールします。

50日目・畦の草刈り

60日目・分けつ