8月19日 (種まきから110日目)光合成

  • 稲 実寸大稲 拡大
  • 田んぼの写真田んぼの写真
  • 稲の写真稲の写真

光合成とは、主に葉緑素を持つ植物が、光のエネルギーを利用して、吸収した二酸化炭素と水分とから有機化合物 (=炭素を含む化合物) を合成することです。

光合成

稲の葉は、お米を作る工場です。稲の葉は葉緑素を駆使して、「空気中の二酸化炭素」「田んぼの水」「太陽エネルギー」を利用して光合成を行い、ブドウ糖を生産します。生産したブドウ糖は、穂に送り込みます。穂では、ブドウ糖が鎖状につながった物質=デンプンとして蓄積します。これが、お米です。
お米をたくさん収穫するためには、光合成が盛んに行われる必要があります。光合成が高まる条件は、水分を確保すること、葉緑素タンパクが充分にあること、炭酸ガスが充分にあること、そして葉に光が充分に当たることです。

葉に光が充分に当たるために、稲の葉には次のような特長があります。

  1. 丸形の葉ではなく、細長い葉で日陰が出来にくくなっています。
  2. 葉を水平に広げるのではなく、ピンと立て、日陰が出来にくくなっています。
  3. 後から出てくる上部の葉が、すぐ下の葉を日陰にしないように、葉は茎の左右から互い違いに出てきます。

稲を管理する側は、葉が茂り過ぎないように注意します。葉が茂り過ぎると、下の葉が上の葉の日陰になり、光合成が出来なくなります。下の葉は、光合成でブドウ糖を生産することが出来ないのに、自身を維持するためにブドウ糖を消費しますから、二重のロスとなり、株全体としてのお米の生産性は落ち、田んぼ全体の収穫量も減少します。

また、稲の密度は、稲と稲との距離を田植えのときに調整して、田んぼ全体の光合成量の増大を図ります。出穂後に稲と稲の間に日が当たるようでは、その田んぼは光を逃がしていることになります。

逆に、稲の密度が高くて株が込み合い、お互いに交差して日陰が出来て、お互いの光合成の邪魔をすると、田んぼ全体の収穫量は落ちます。この状態を避けるぎりぎりの密植が、田んぼ全体の収穫量を上げるポイントとなります。

田んぼ

ところで私たちは、お米を食べてデンプン (ブドウ糖) を体内に取り込みます。そして、「体内に取り込んだデンプン (ブドウ糖) 」と「呼吸によって取り込んだ酸素」を、「水」と「二酸化炭素」に化学変化させる過程で活動エネルギーを得ています。光合成と逆の化学反応です。
太陽エネルギーを蓄積して、私たちの活動エネルギーに転換する蓄積メディアがお米であるという見方が出来ます。

105日目・冷害

115日目・出穂