9月13日 (種まきから135日目)倒伏

  • 稲 実寸大稲 拡大
  • 田んぼの写真田んぼの写真
  • 稲の写真稲の写真
稲の説明

倒伏は、稲が倒れてしまうことです。稲が倒れると、収穫作業が困難になり、また収穫量や品質の低下をまねきます。倒伏して穂が水につかった場合、籾が発芽してしまい、収穫出来ない場合もあります。稲の倒伏は節から折れる場合は少なく、節間が曲がるか折れる場合がほとんどです。おもに根元近くの節間が曲がったり折れたりして倒伏します。節間が徒長したり、弱くなっているところに、風雨などの外的な力が加わると倒伏します。

稲の倒伏は節から折れる場合は少なく、節間が曲がるか折れる場合がほとんどです。おもに根元近くの節間が曲がったり折れたりして倒伏します。節間が徒長したり、弱くなっているところに、風雨などの外的な力が加わると倒伏します。

稲

節間が徒長する原因として、日照不足があります。成長を促進する植物ホルモンは、光によって働きが抑制される性質を持っています。日照不足の植物は、この成長ホルモンの働きが抑制されず、徒長します。例えば葉が茂りすぎて過繁茂になった田んぼの場合、根元が日陰になり、徒長します。
大型の品種は倒伏しやすい傾向があります。早くから根元が日陰になり、そこが徒長して弱くなる傾向があるからです。また、チッソ肥料が効きすぎても徒長します。

稲2

節間の長さだけではなく、強度も大切です。根腐れなどによって根元が早く枯れたり、病害虫などで強度が弱くなった稲も倒れやすくなります。
倒伏を防ぐためには、根元近くの節間が短くて、丈夫な稲に育てることが大切です。
台風が近づいたら深水にしておくと倒伏が避けられる場合があります。倒伏した場合は、排水して籾の発芽を防止します。また、稲を出来るだけ持ち上げて株を起こし、乾燥させます。

あぜ道

畦道一つ隔てただけで、田んぼはまったく異なると言われます。この写真の場合も、畦道の左の田んぼは倒伏していますが、右の田んぼは無事です。

  • 倒伏
  • 倒伏2
  • 倒伏3

現在では、稲刈り機の種類によっては、倒伏した稲を引き起こし、刈り取ることが可能となっています。

130日目・台風

140日目・スズメ